人気ブログランキング |

タグ:街道 ( 42 ) タグの人気記事   

街道歩きのムック本で紹介いただきましたー(^0^)   

本日、洋泉社から発売された「街道を歩く」というムック本で、ちゃらぽこを紹介いただきました!!
「街道の達人たちが集う店」として10ページに渡る記事でとりあげていただき、街道歩き関連の話題はモチロン散歩会や講座のことまで紹介いただいています。
ぱきらの写真とヒミツ情報まで載ってますよ~(^0^)

それと、店にみえる街道ウォーカーさんのことがちょこちょこっと載っていますので、お心当たりの方、ご存知の方がいらっしゃったら「あぁ私のことだな」とか「誰誰さんのことだな」とか心の中で思ってくださいませ。(たぶんそうです。)

街道歩きの魅力やおススメの街道、街道歩きの達人へのインタビューなど、盛りだくさんの内容で、街道ウォーカーさんはモチロンですが、入門編としてちょっと興味のある方にもお楽しみいただけると思います!

お世話になっている風人社さん、品川の街道文庫さん、以前、静岡県の蒲原散歩会でお邪魔した志田邸のご主人もいっぱい出ています(^^)

最初にざっくりとした内容を見せていただいた時は、錚々たる面々の街道の達人たちに混ざって、開業以来5年間で「街道歩き」としてはたぶん300キロくらいしか歩いていないちゃらぽこ・ぱきらなどが載っちゃったらマズイのではと心配しましたが(^^; ちゃらぽこは「街道の達人たちの集う」店でして、それならピッタリです!!

目次はこちらで見られます。
→ 洋泉社「街道を歩く」

ぜひぜひお読みください!!
本日発売! きょう……はもう終わっちゃってるかな。あした本屋さんへどうぞー!!



by osanpocafe | 2015-02-13 20:02 | お知らせ・イベント案内

街道歩きのポータルサイトを始めました!!   

うっひゃぁご無沙汰しております!!(汗

ここのところ、ブログもサボって(スミマセン……)夢中になっておりました、街道歩きのポータルサイトを公開いたしました~♪

旅と人をつなぐ、街道歩きのポータルサイト 街道なうです!

サイトのことはそちらを見ていただくとして。
サイトについてのイロイロも、そちらのブログなんかを見ていただくこととして。

こちらも放置しないようにしますね~(^^;

でも、サイト公開まで忙しかったわけですが、これからもっと忙しくなるんじゃ……と昨日くらいに気付きました。というか、なってほしいなぁ。
相乗効果でほかの活動も頑張りまーす♪

街道ウォーカーの皆さんも、もしかしたらこれから街道歩きを始めるかもしれない皆さんも、今後ともどうぞよろしくお願いいたしますm(_ _)m

ちなみに、「街道なう」は以前から運営していましたTwitterのアカウント@kaido_nowが元になっています。更新情報や関連のお知らせなどは、引き続き@kaido_nowで配信していきます。

お知らせ&ご案内用に、Facebookページも作成いたしました。
が! いいねが増えないとURLができないみたいで……(^^; それじゃお知らせができないじゃん……(しょんぼり)
というわけでリンクできませんが、Facebookをご利用の方は、見かけたらよろしくお願いします~(^0^)

街道関連の皆さんからの情報、ご意見ご感想なども大募集中です。
今後とも、ちゃらぽこともどもよろしくお願いいたします!!


by osanpocafe | 2015-02-07 20:56 | お知らせ・イベント案内

国府津から小田原までの東海道をホントに歩いてきました!   

23日の秋分の日は、「『ホントに歩く東海道』でホントに歩く東海道ウォーク」!で、国府津から小田原までを歩いてきました!
お天気にめぐまれ、日差しはちょっと暑いくらいでしたが、風がさわやかな歩き日和の一日。昨年11月から始まった東海道ウォークも、なんともう10回目です!

日本橋から80キロ前後の今回の区間は、大部分が国道1号線の単調な道筋。でも、松の木がちらほら植わっていたり……
f0230467_23543598.jpg


酒匂川を越えると、眼前の箱根の山はぐ~んと近づき……
f0230467_23543639.jpg


川越の渡し場から続く道筋は、今回のコースには少ない旧道区間で、静かでいい雰囲気でした。
f0230467_231265.jpg



こちらは酒匂川の橋から見える、昔の橋の橋脚(大正時代か??)。
ちゃらぽこ・ぱきらは、個人的に歩いたのと下見とで、何度かこの酒匂川を渡っていますが、これは今回初めて見ました! 川の中の遺構って、なんかトキメキません?(*゚▽゚*)
f0230467_23543868.jpg


コース中ほど。新田義貞の首塚への曲がり角チェックポイントで、解説するガイドと参加者の皆さん。
f0230467_2354402.jpg


歩き旅に限らず、旅をしていると何度も見かける名前ってありますが、新田義貞もその一人。あちこちでお目にかかっていますが、首塚だけでも桐生や岡崎にもあるそうです。新田義貞がいっぱいいたわけでも、首がいっぱいあったわけでもなく、人気者だったんですね。

江戸時代中期以降に水戸学が流行り、南朝正統説が広まって、新田義貞はじめ南朝方の人物の人気も高まったことが原因と考えられるそうで。現にここの首塚の石塔は、室町時代後期のもので、新田義貞はそれより150年ほども前の人物。「義貞なんかいいよね~、この石、義貞のってことにしちゃうぜ♪」と言った人がいたのかもしれないし、いなかったかもしれませんが……(^^;

ともあれ、「あ、この名前、どこかでも見た!」という名に出会えるのも、旅の楽しみのひとつですね。

そして今回の旅のもうひとつのお楽しみ!!
小田原宿に入って、かまぼこ屋さんが軒を連ねるその名も「かまぼこ通り」。角から2軒目の「わきや」さんでは、試食をさせていただいた上にお茶まで出していただいちゃいました(^^)
f0230467_23544334.jpg


美味し~いかまぼこに、職人の手作りというふわっふわのしんじょ、塩辛まで出していただき、大盛り上がり。
ぱきらはお土産に、あげかまを買いましたよ~(^0^)

こちらはかまぼこ板で作ったお城。
f0230467_2354427.jpg


小田原のかまぼこは、板も小田原産なのだそうです。
森林は適度に木を切って手入れをしないと保たれません。そこで、切った木を利用してかまぼこ板を作っているのだとか。手入れの行き届いた森は、水を海に返し、海はお魚を育てて、お魚ちゃんが美味しいかまぼこやしんじょにムフフフ……すいません、ちょっと想像が行き過ぎました……m(_ _)m

それにしてもかまぼこって、東京のスーパーで買って食べても特別に美味しいとは思わないんですが、小田原で食べると本当に美味しいんですよねぇ。(でも、しんじょはもっと美味しいと思うの!)
お楽しみの小田原かまぼこは、次回10月4日の第11回でも登場しますよ!!

手に手にお土産を買って、ゴールは小田原宿のなりわい交流館。
f0230467_23544519.jpg


ここは昔は網問屋さんだったところで、関東大震災で倒壊してしまった建物を昭和7年に昔のままの姿で再建したという建物。小田原には、そんな建物が他にもたくさんあります。

少し江戸寄りにあった「古清水旅館」も、数年前までそんな建物のひとつだったとか。
江戸時代に本陣と脇本陣を営んでいた敷地を統合して「古清水旅館」に。昭和20年8月15日、まさに終戦の日の朝の空襲で焼けてしまったものの、再建し、平成に入るまで営業。(現在のご当主のおじいさんにあたる、当時のご当主が、戦地に行かれていた息子さん(現ご当主のお父さん)が復員されるという話を知り、帰ってくるまでに完全に立て直すのだと言って頑張られたのだそうです。)
旅館は6年前に廃業して現在は高齢者専用マンションに建て替わっていますが、建物の1フロアを資料館として本陣時代の史料や道具を展示しています。

今回は、小田原宿ゴール後に、みんなでその資料館を見学させていただきました。
展示品のほかに、旅館の頃のお部屋も再現されています。見事な欄間や小窓もありました(^^)
f0230467_2356342.jpg


が! さらにヒートアップしたのは、小田原が一望できるというその屋上!!
f0230467_23563116.jpg


エレベーターで登って屋上に出た瞬間のみんなの歓声、すごかったです~(^^;

小田原の街はもちろんですが、相模湾も丹沢も、本当に一望できます。海と山が迫っていて、小田原ってコンパクトな街なんだなぁと実感。
f0230467_231415.jpg



小田原城も見えます。小田原城の展望室からも市街を眺望することはできますが、小田原城は見えませんからね!(^^)
f0230467_23563254.jpg


古清水旅館資料館、よかったです。案内してくださったご主人に感謝です。
(老後、本気でここに住みたくなった方、数名……)

資料館を失礼しまして、あとは小田原城の遺構などをめぐりながら、解散場所の小田原駅へ。
f0230467_23563639.jpg


最後に寄ったのは、駅前・おしゃれ横丁にある北条氏政・氏照のお墓。ここには「幸せの鈴」というのがあって、近所の商店で鈴を売っていて、買って願いをかけて叶ったら結びに来るのだそうです。
願いをかけて結ぶんじゃないんですね! 叶ったらまた来るんですね!!

こんな感じで売られています。鈴代はお気持ちで。収益はお墓を維持するための費用になるんだそうです。
(こんな感じで売られていますを背景に鈴を撮ろうと思ったら、ただのピンボケ写真になったの図!)
f0230467_23563821.jpg


待って、また小田原まで来なきゃならないの、けっこう難関じゃない!?

と言いたいところですが、10日後に次回の第11回ウォークでまた小田原に来ますので!!
買いました!!

10日以内に願いごとを叶えなければなりません!!!

そういうわけで、ぱきら願い事を叶えるのに忙しいんで、きょうはこの辺で!!
あ、次回11回ウォークのことは、こちらをご覧くださいませね!!

ではではまた~!!!.-=≡ヘ(*・ω・)ノ

by osanpocafe | 2014-09-25 19:14 | 業務日誌

東海道シンポジウムに参加してきました   

27日金曜日は、店を早じまいして藤沢で行なわれた「東海道シンポジウム 東京・神奈川ブロック会議」に参加してきました。
f0230467_0215472.jpg


東京都・神奈川県の東海道沿いの、主に自治体や関連団体の集まりで、活動やイベントを報告・告知し合う会です。

年に1回、全国……じゃないんだ、全東海道から代表者の揃う集まりがあるのですが、今年は藤沢で開催ということもあり、その打ち合わせを兼ねて今回は藤沢でのブロック会議となりました。

前回3月の川崎での会に引き続き、ちゃらぽこ・ぱきらは2度目の参加となります。
1回目は飛び入り参加の形でして、受付で「どちらの宿場ですか?」と聞かれアウェイ感満載だったのですが、「参加してもいいよ〜」と言ってくださった保土ヶ谷の桑名屋さん(シンポジウムのボスです)をはじめ顔見知りの方、初対面だけどTwitterでフォローし合っていた方もいらっしゃり、ドキドキしつつも楽しんでまいりました。

さらにそこで出会った方からイベントへのご協力などもいただき、だいぶアウェイ感もなくなった今回です♪
(リストに名前も載せてもらったし♪(^^)

出席者約70名。
司会の桑名屋さんの「必ず全員一言は話してもらう」の方針により、自己紹介や活動報告、イベント告知や意見交換が行なわれます。
各自治体のこれからの計画やイベント予定にもワクワク。
f0230467_0215619.jpg


こういうのを作っています!の報告も多々ありますが、川崎宿のすごろくが良かったなぁ~(^^)
f0230467_0215751.jpg


ちゃらぽこからは、前回に続き「ホントに歩く東海道ウォーク」についてと、それから店で集めている街道関連資料について、ツイッターの「街道なう」についてご案内とご協力のお願いをいたしました。

ナゼここにいる!?な東高円寺のちゃらぽこの話を温かく聞いてくださる皆さまに感謝(^^)

閉会後は場所を変えて、もしやこれが本番!?の懇親会です。

い、いえ、活動報告をし合う本会がメインですが、その後の懇親会はいろんな方と自由に会話ができる貴重な機会なので……(^^;
あ~飲ん……いやいや、たくさんの方とおしゃべりできて楽しく、お勉強になりました~!!
f0230467_0215821.jpg


ぱきらは本会で「すごろくいいなぁ♪」と思った川崎宿の方々と席が近く、お話をうかがうことができました。
若い担当者さんたちが、「東海道でまちおこしを」と真剣に取り組んでいらっしゃいました。

ぱきら、川崎宿って好きなんですよね。戦災で焼けてしまって古いものが何も残っていないっていうんですが、逆にそれだけにか、「○○跡」という表示をしっかり残していて分かりやすくてとてもまとまっているんです。
宿場の最小限の構成要素である「問屋場」とか「本陣」とかといった場所が、それそのものは残ってはいませんが「跡」としてちゃんと主張していて、ここにあったというのが分かって、原寸大の宿場博物館というイメージなんです。
さらに「かわさき宿交流館」ができたことで、まったく残っていないそういった宿場施設の様子も学ぶことができるようになったし。

「宿場とは何ぞや?」という講座を実地でやるとしたら、川崎宿がいいなぁ、と密かに思っているんですが……。

といことをお伝えしたかったのですが、酔っ払……いやいや、うまく言葉にならなくて伝わったかどうか~(^^;
家で落ち着いて書いていても伝わってないかも~……。
「餃子が美味しかった」は、言っておきました!!

そんなこんなで今回も楽しいシンポジウムに加えていただきました!(^^)

お楽しみの藤沢宿大会は、9月の第1土曜日。
……ということで、なんとちゃらぽこ、「ホントに歩く東海道ウォーク」の日と重なってしまい参加できないのです~~!!(><)

でも告知には微力ながらご協力させていただいたいと思う次第……
(だけど皆さん当ウォークにもご参加くださいねー……(小声

ともあれ今後が楽しみなシンポジウム。次回ちゃらぽこから有意義なご報告ができるように、何かがんばりたいと思います!(^0^)

by osanpocafe | 2014-06-29 23:59 | 業務日誌

明後日! ホントに歩く東海道ウォーク第5回!   

よくよく思い返してみれば、このブログでのお知らせを怠っているまま、第4回までを無事に終えた「『ホントに歩く東海道』でホントに歩く東海道ウォーク」……。

えっと、詳細は専用サイトをご覧ください……なんですが……。

あ、ウォークの様子もホームページでご紹介しています。
ご紹介しているのは第1回ウォークの模様ですが、そんな感じでやっていますので、ご参照ください。

そんなこんなで、いつの間にか第5回。
使用しているウォークマップも第2集に突入し、3月1日(土曜日)は保土ヶ谷から戸塚の区間を歩きます!
保土ヶ谷宿あり、権太坂あり、境木地蔵あり、品濃の一里塚ありの今回も、お楽しみいっぱいのウォークとなっております。

このウォークの他と違うポイントは、まず、「ひとりひとりで地図を見ながら自由に歩く」ということ。

東海道を歩くウォークイベントは多々ありますが、たいていはガイドに引率されて歩くイベントだと思います。
そうなると、歩く側としては受け身になってしまうんですよね。
ガイドについてのウォークも、もちろん勉強になっていいと思います。そういうのも楽しいです。

が、自分で地図を見て、自分で発見して、ときには迷って、思わぬ収穫を得て……というのも街道歩きの楽しみだと思うのです。当ウォークでは、自立した街道ウォーカーさんを応援いたします。

使用している風人社「ウォークマップ ホントに歩く東海道」は、とても詳細な地図ですので、ぜひぜひ地図を読みながら自分で歩く東海道をお楽しみください。

でもやっぱり、せっかくイベントにご参加いただくのですから、完全に個人で歩くのともまた違うお楽しみを♪
ということで、見どころ紹介をかねたクイズをあちこちに設定しています。クイズを解きがてら興味のありそうな場所に立ち寄っていただけば、より多くの収穫があると思います。

また、ぜひ立ち寄っていただきたいおススメ観光ポイントにはガイドが待機していて、その場所を解説いたします。歩いている途中で道が分からなくなったり、「これは何だろう」と思われたりしたときには、その場でガイドに問い合わせることも可能です。

そして、当ウォーク名物の、街道沿いの名産品のご紹介も。
ところどころに設置されたチェックポイントで、周辺の見どころ情報の他、街道沿いの老舗の和菓子などといったご当地名産品を試食を交えてご紹介いたします。

ただサクサク歩いて通り過ぎるだけではもったいない!
街道歩きの旅を、さまざまな角度から、自己流に楽しんでいただければと思っております。

そんなこんなな第5回。3月1日は、保土ヶ谷から戸塚までの約8キロを歩きます。

観光ポイントとしての目玉は、やっぱり東海道最初の難関「権太坂」と、続く「境木地蔵」でしょうか。
これ、権太坂↓
f0230467_22461940.jpg


横浜に入り多少アップダウンが出てきたものの、これまで比較的平坦だった東海道が、いよいよ最初の大きな坂を越えます。箱根駅伝でも有名な権太坂ですが、箱根駅伝で有名なのは近代に入り車が通るようになってから開拓された切り通し。従来の権太坂は、現在は住宅街を通る旧道になっています。
派手な急こう配ではないものの、けっこうキツイ坂道がだらだらと長く続きます。

はい、横浜という土地は、どこから出入りしようとしても、ひとつくらいお山を越えないといけない場所なんですね。旧街道というのは極力アップダウンを減らして労力をかけずに済むルートを上手く設定してあるものなのですが、狭くてお山の多いニッポン、もちろん坂道まったくナシ!というわけにはいかないのです。

そんな中で、どうにか「ここなら……」と折り合いをつけて引かれた線を、今回はお楽しみください!

そして境木。
東海道は、長かった武蔵の国を出て、いよいよ相模の国に入ります。
その境にあるのが境木地蔵。
「東京を出る」とか、「県が変わる」とか、「うわぁこんなとこまで歩いてきた~!」という局面が街道歩きにはいくつもありますが、そのうちの一つです。
当ウォークでは、なんと5回目にしてやっと旧国名が武蔵から相模に変わるわけですからね。
ここは大事に通っていただきたいと思います。

そしてその後に、品濃の一里塚。
東海道には120個の一里塚があったと言いますが、現在でも両側の塚が本来の形で現存している場所は数えるほどしかありません。そのうちの一つがこの品濃の一里塚ですが、住宅街に埋もれていて、東海道を歩いてスルッと通ってしまうと、せっかく丸ごと残っている塚の全景が見られないんです。
今回は、裏側から、ちゃ~んとこんもりお山の形で塚が残っているのが見られるポイントをご紹介しますよ!

で、その後の旧道もポイントですね。
日本橋から歩いてきて、初めて「よく分からん」場所を通るのが、東戸塚から戸塚にかけてのこの区間です。

ぱきら、散歩かふぇなどやっていまして、東海道を歩いた方からお話を聞く機会が盛りだくさんありますが、「道を間違えた!」「迷った!」「間違えたけどそのまま進んでしまった!」という話を一番よく聞くのがこの区間です。
間違いやすい区間というのは多々ありますが、「東海道を日本橋から」デビューした街道ウォーカーさんには、ここが一番最初に「分からなくなる」ポイントにして、一番思い出に残る区間なのでしょう。
ええ、かく言うぱきらも、ここはなんだか「もうこれでいいや!」で歩きました……。

ものすごく細い住宅街を歩くんですよね。ここの旧街道は。

これまで出ていた観光ガイド的な東海道ガイド本のざっくりした地図では、この細道を詳細に見ることはできなかったんです。
街道歩きをやっていて、旧道センサーが身についてくれば、「あぁこの道ね……」となると思うのですが、ビギナーには「ホントにこの道でいいの……??」と不安になる場所なんです。それで、間違えて大通りに出てしまったり、よく分からん住宅街に迷い込んだり。

当ウォークで使用している風人社「ホントに歩く東海道」では、詳細な地図でルートをはっきり見ることができるので、ちゃんと旧道をたどることができますよ!!

「東海道を歩くってどうなの?」と初めて街道歩きをされる方から、「サクサク歩いてすっ飛ばしてしまった場所を、もう一度じっくり見たい」という街道ウォーカーさんまで、幅広くご参加いただいています。
ぜひぜひお気軽にご参加ください(^^)

参加お申し込みは、明日金曜日まで受け付けています。
メールは pachira@charapoko.com まで。24時間いつでも受付可能です。
お電話は、03-6382-7371まで。12時ごろから20時ごろまでお受けできます。
ツイッター、フェイスブックやこのブログへの返信でもOKです。

第5回も、たくさんの方のご参加お待ちしてます!!


by osanpocafe | 2014-02-27 22:47 | お知らせ・イベント案内

第2回「ホントに歩く東海道」ウォーク、来週です!   

あ!!というまに、「『ホントに歩く東海道』でホントに歩く東海道ウォーク」
第2回、あと1週間後です!! まだまだ参加者募集中です!!

12月7日(土)、京急新馬場駅からスタートです!!

前回入った品川の宿場を南へ。品川宿を出ると、いよいよ旅の風情が増します♪
マップを持って、東海道の旅に出ましょう~!!(^^)

そして、これから参加される方へ、

第1回&第2回のリバイバルのお知らせです!!

12月28日(土)第1回分 日本橋~品川
12月29日(日)第2回分 品川~蒲田

両日とも、9:00現地集合、16:00ごろ解散、参加費2000円です。
追って詳細をお知らせいたします。

これから参加をご検討くださっている皆さま!!
ホントに歩く東海道ウォークは、また繰り返しやっていきたいと思っているのですが、
次回は半年後になるか1年後になるか、まだ未定です。
途中からやお好きな回だけのご参加も大歓迎ですが、今回は日本橋から
つなげて歩くチャンスです!
年末のお忙しい時期だとは思いますが、ぜひぜひ参加お待ちしております!!(^^)

なお、どちらも最少催行人数10名といたします。ご希望の方は、お早めにお知らせください。



さてその前に、12月7日の第2回♪
以下、概要です。



第2回 「品川宿~蒲田」2013年12月7日(土)

集合:9:00 京急線 新馬場駅北口
解散:16:00ごろ 京急線 雑色駅付近
   ※ 終了後に交流会を兼ねた「まとめ会」を予定しています。
     近くの飲食店で、軽くお茶でも……という感じです。
     お時間に余裕のある方は、こちらもぜひぜひお付き合いください。

参加費 : 各回2000円
       レジャー保険料込 途中の飲食代、交通費は別途ご用意ください。
       また、下記の風人社マップが参加者お一人様につき一部必要となります。



マップ : 風人社発行「ホントに歩く東海道」の必要箇所をご用意ください。
      第2回は第1集(日本橋から保土ヶ谷・1,029円)に収録されています。
      お近くの書店か風人社サイトで事前にご購入いただくか、当日現地でお求めいただけます。
      第1集は、第4回(2014年2月開催)までご利用いただけます。
     ※ コース、チェックポイント、クイズなど、このマップに準拠して作成しています。
       参加者さま各自、一部ずつお持ちいただくようお願いいたします。

主催・お問い合わせ先 : 散歩かふぇ ちゃらぽこ

ガイド : 岡本永義氏 「東海道五十三次四百年の歴史をあるく」著者

協賛 : 株式会社 風人社


ご注意です。

・ 前日までに参加申し込みをお願いいたします。
  お電話かメールで、お名前・当日連絡の取れる電話番号・人数をお知らせください。

  お電話:03-6382-7371(ちゃらぽこ営業時間のみとなります。)
   メール:pachira@charapoko.com

このページ、ツイッター、ブログ等でお申し込みくださる方へ。
 非公開コメントなどの方法で、お名前と連絡先をお知らせください。
 心配な方は、お電話かメールをおススメします。

・ 参加費は2000円です。交通費、途中の飲食代は別途ご用意ください。
  参加費は、当日集合時にお願いします。
  昼食は1000円程度のお食事を予定しています。

・ 当イベントはレジャー保険に加入しています。保険料は参加費に含まれています。
  保険は当日の集合時から解散時まで適用されます。
  イベント参加中、万一おけがをされた場合は、すぐにお知らせください。
  ただし、持病の悪化や参加者の過失による事故等には適用されませんのでご注意ください。
  また、初参加の方は、当日集合時にお名前とご連絡先のご記入をお願いいたします。

・ 8キロほどのコースですが、寄り道なども入れるともう少し長距離になります。
  のんびりペースなので、普段それほど歩き慣れていない方でもお気軽に
  ご参加いただけますが、歩きやすい靴と服装でご参加ください。

・ 小雨決行いたします。状況に応じて雨具をご持参ください。
  1日中大雨が予想される場合などは、中止または一部コースを変更いたします。
  ブログやツイッターでお知らせする他、参加者の皆さんには個別にご連絡いたします。

・ 歩きたばこ、歩きながらの飲酒はご遠慮願います。
  マナーを守って楽しい散歩会にしましょう!!



☆ 3回目以降の予定です ☆

2014年
1/13(月・祝日)第3回 蒲田~生麦
2/1(土) 第4回 生麦~保土ヶ谷
3/1(土) 第5回 保土ヶ谷~戸塚
4/5(土) 第6回 戸塚~藤沢
5/3(土・祝日)第7回 藤沢~茅ヶ崎
6/7(土) 第8回 茅ヶ崎~大磯
7/5(土) 第9回 大磯~二宮

※ ※ ※ 8月はお休みです。 ※ ※ ※

9/6(土) 第10回 二宮~小田原
10/4(土) 第11回 小田原~箱根湯本
11/1(土) 第12回 箱根湯本~箱根関所
11/2(日) 第13回 箱根関所~三島
12/6(土) 第14回 三島~沼津

各回9:00現地集合、16:00ごろ解散(解散後に「まとめ会」あり)、参加費2000円です。
各回ごとにお申し込みいただけます。

ノベルティグッズや複数回ご参加いただいた方への特典も考えております。
ぜひぜひ、東海道をホントに歩きましょう!!






by osanpocafe | 2013-11-30 18:11 | お知らせ・イベント案内

ちゃらぽこ散歩会「品川みちを歩く!」のその3(最終回)   

12月8日日曜日は、ちゃらぽこ散歩会「品川みちを歩く」の3回目、最終回です!!
10月、11月、12月の3回連続企画の第3弾です。

品川みちは、品川と府中をつなぐ30キロほどの道。府中に武蔵の国の国府があった律令時代、国府に送られる物資は海路で品川の港に着き、そこから府中に運ばれていたそうですが、その頃から続く歴史のある道です。
と言っても、詳しいルートが残る史料は少なく、道筋の断定できないちょっとミステリアスな古道でもあります(^^;

ルートや見どころに関しては、夏休みの日記「品川みちを歩く」の記事をご参照ください。

ちゃらぽこ散歩会では、以下の日程で品川まで通して歩いています。

10月6日(日) 府中(大国魂神社)~狛江駅 ← 終了しました!
11月10日(日) 狛江駅~田園調布駅 ←終了しました!
12月8日(日) 田園調布駅~北品川駅

今回は第回めの「田園調布~品川」のご案内です。
既に2回歩いてしまっていますが、今回だけの参加もモチロン大歓迎です♪

日時 : 12月8日(日)
集合 : 10:00 東急線・田園調布駅付近
解散 : 16:30ごろ 京急線・新馬場または北品川駅付近
参加費 :1200円 (交通費、途中の飲食代は別途ご用意ください)

コース (予定):
田園調布駅 → 石川台付近 →中原街道を東へ → 洗足池 →
長原商店街 → 西大井 → 大井町 → 仙台坂 → 青物横丁 →
荏原神社

起伏の大きい大田区・品川区を、尾根をたどって進む道程です。
商店街や道筋の道標に、かすかに古道の雰囲気が残っています。

今回もものすごく大きな見どころに寄るというよりは、ひたすら
品川みちを歩く感じになりますが、古道の痕跡を探りつつ、
道筋そのものをお楽しみください!

f0230467_2494225.jpg


ご注意です。

・ 前日までに参加表明をお願いいたします。
  このブログやツイッターへのコメントでもOKです!
  メール:pachira@charapoko.com
     ※ メールアドレスが変わりましたが、前回のものも使えます。

・ 参加費は1200円です。
  交通費、途中の飲食代は別途ご用意ください。
  参加費は、当日集合時にお願いします。

・ 昼食は1000円程度のお食事を予定しています。

・ 10キロほど歩きます。のんびりペースなので、普段それほど
  歩き慣れていない方でもお気軽にご参加いただけますが、
  歩きやすい靴と服装でご参加ください。

・ 小雨決行いたします。状況に応じて雨具をご持参ください。

  1日中大雨が予想される場合などは、中止いたします。
  ブログやツイッターでお知らせする他、参加者の皆さんには個別にご連絡いたします。

・ 歩きたばこ、歩きながらの飲酒はご遠慮願います。
  マナーを守って楽しい散歩会にしましょう!!



by osanpocafe | 2013-11-29 02:53 | お知らせ・イベント案内

「ホントに歩く東海道」で、ホントに歩いてきました!   

11月2日は、ついに始まりました、「『ホントに歩く東海道』でホントに歩く東海道ウォーク」の第1回でした!

初回の参加者は10名。
東海道を歩くのは初めてとの方も多く、また、人数・メンバー構成ともに、ドキドキの初回開催にはちょうどいい感じにお集まりいただきました〜m(_ _)m

午前9時、日本橋駅に集まって、まずは本日のルール説明と諸注意事項など。
地図を持っていない方は、ここで購入。

その後、日本橋に移動して、みんなで一通り日本橋見物。
長〜い東海道歩きの第1歩となる回ですから、ここは感慨を込めて、じっくり堪能していただきたいところです。
f0230467_22445015.jpg


コース上には見所の紹介を兼ねてクイズを設定し、集合時に皆さんにお配りしているのですが、日本橋をぐるっと1周見た後でさっそくクイズの第1問。

答えを見つけて、スタッフに「ごにょごにょごにょ…」で、正解した方からそれぞれに出発です!
(ちょっと簡単だったかな……。もっと差が出るかと思ったんですが、考えていたよりも早く全員日本橋を出発しました。)

日本橋で解散した後は、それぞれマップを手に自由行動。
コースはもちろんクイズの場所やチェックポイント、その他、各自ご興味のある場所なども、マップを見て寄りながら、自分のペースで歩いていただきます。

コース上をガイドの岡本さんが行ったり来たりして、皆さんの質問に答えたり、ガイドをしたりしています。

スタッフも持ち場のチェックポイントに散らばるべく解散しましたが、予定時刻までまだ余裕のちゃらぽこ・ぱきらは、第1チェックポイントまで皆さんと歩くことにしました(^^)
と言っても、バラバラなんですけどね(^^;;

一旦バラけた皆さんが、クイズの場所などで再集結するのがけっこう楽しかったです。
歩くのは別々でも、同じイベントに参加して同じ道を歩いている人に時々会えるというのは、楽しいものですね(^^)
いつものちゃらぽこの散歩会とはだいぶ違った形式ですが、そこで会った人どうしで和気あいあいおしゃべりできるのは、いつものちゃらぽこ散歩会の和やかな雰囲気です。

こちらは4番目くらいのクイズポイント。
答えを探してます!
f0230467_22452359.jpg


京橋の第1チェックポイントを過ぎて、銀座の街中へ。
皆さんそれぞれに、お店に入ったりオススメのあんパンを食べ歩きしたりと、東海道上でも他にない都会歩きを楽しまれている様子。
また三々五々に歩いて行かれる皆さんと別れ、ぱきらは一足お先に、新橋のチェックポイントに向かいました。
チェックポイントは、だいたい30分くらいの間に通過していただくように設定しています。
開設時刻まで20分ほど。準備準備……
f0230467_22453046.jpg


はい、ここではようかんの試食があります!
新橋の、東海道から少し入ったところにある、切腹もなかで有名な新正堂さんの「義士ようかん」です。
いろんな和菓子があり、美味しいのはモチロンですがアイデア商品が盛り沢山で楽しいお店。
ここを曲がって行くとお店がありますよ、とご案内。

お買い物に行って下さった方もいたようで、東海道歩きのお土産を調達してもらえたかな。

ちょうど結婚式がとりおこなわれている芝大神宮を集まって見学し、お昼ご飯は大神宮の近くの中華料理屋さんへ。
ここはみんなで一緒にお昼です。

離れている時間が多い今回の企画。
参加者さんどうし、そしてスタッフが、一緒に話せる貴重な時間でもありました。

午後の部スタートは、増上寺から。
f0230467_22453932.jpg


増上寺や泉岳寺など、この辺りは見所の多い地帯。
でも東海道からはちょっと道を外れることもあるので、ここは寄るかどうか自由というのが今回のコンセプトです。

途中で雨が降ってきて雨宿りをしながらのウォークとなりましたが、クイズが設定してあったこともあり、この2箇所にはほとんどの方が行かれた様子です。

街道歩きの楽しみの一つに、やはり長い道のりをひたすら歩いて行きますから、「街道歩きでもしていなければ来ることもなかったような場所に行く」というのがあります。

そういう場所に寄るか寄らないかというのも好みの分かれるところですが、こんな機会でもなければ改めて来ることはないない場所や、またこんな時に寄るからこそ特別な気分で楽しい場所というのもありますよね。
これからもそういう場所がどしどし出てくると思います。
寄るか寄らないかの指針を決めていただいてもいいし、これからどういう視点で街道歩きをするかを考えていただくのも、この企画の一つのコンセプト。
取捨選択をしながらオリジナルな歩き旅ができるよう、地図には線だけでなく面の情報がたくさん載っています。それぞれに見たい範囲で、お見逃しのないように楽しんでいただければと思います。

ですが、「ここはしっかり見てほしい!」という場所もあります。
今回のチェックポイントは、「街道を歩く上で、できたら見逃さずに行っていただきたい」所に設定しました。

ぱきらが待ち構えていた次のチェックポイント、「高輪の大木戸跡」はそのひとつ。
f0230467_23413934.jpg


大木戸は、街道沿い、江戸の出入り口に設けられた木戸です。木戸とはいっても、本当に戸があったのは江戸時代の始めの方で、途中からは戸はなく両側に門のように石垣が築かれていただけだったとか。
その石垣の跡が今でも残っています。江戸時代は各街道に設けられ、甲州街道の新宿には今も地名として「大木戸」の名が残っていますが、石垣がしっかり形が残っているのはこの高輪だけです。

「大木戸」は江戸の出入り口なので、東海道沿いにはここしかありませんが、各宿場の端にそれぞれ「見付」や「棒鼻」と呼ばれる出入り口が設けられていたのは、街道歩きをする上でぜひぜひ注目していただきたいマメ知識。
知っていれば、これからの街道歩きがもっと楽しくなると思うんです。

それとここ、もう一つポイントがあります。昭和7年の東京市設置という説明板が、車道側についているんです。上の写真をよーーく見ていただくと、右下の方に。

車道側はギリギリで路側帯もありませんので、これを見に行くのは命がけです!ってことで、今回は写真をご用意しました(^^;
説明板が設置された当時は、たぶん歩道が今の車道側にあり、車道はもう少し狭かったのでしょうね。大木戸すれすれまで車道を拡張し、現在のような形になったものと思われます。

そういうところも、単に街を歩いて史跡をめぐるだけでなく、「街道を歩く」ということの楽しみではないかと思い、ご紹介しました。

それから次のチェックポイントは、品川宿の入り口、八ツ山橋の手前です。
ここも、日本橋から歩き始めて、初めて国道を離れ旧道に入る重要ポイント。
f0230467_22453293.jpg


風人社「ホントに歩く東海道」は、そのあたりも詳細に記されていて、それだけでも見逃しの心配はないと思いますが、ここでは浮世絵に描かれた江戸時代や明治時代の品川宿の様子もご紹介。
そして、お楽しみの試食タイムも!
品川は、古くは海苔の名産地。ということで、品川宿の老舗「あきおか」さんの「品川巻き」をお試しいただきました。海苔巻あられなのですが、そこらへんで売っているものとは海苔の香りと味が違うんです!

チェックポイントを過ぎると、さあいよいよ第1の宿場、品川宿へ!
f0230467_22453418.jpg


品川の商店街は、昔の宿場の雰囲気を取り戻すべく、電柱を地下化して景観保全に力を入れています。ほとんどは新しいお店ですが、たまに古い建物が残っていたりしてのんびり歩くのも楽しいです。

海沿いギリギリにあった名残で、海岸の石垣も残ってますよ。
f0230467_2245367.jpg


品川宿にも見どころがいっぱい。ということで何か所かクイズポイントが設置されていたので、チェックポイントで何となく一緒になった皆さんも、また一旦バラバラに。あちこち寄り道しながら、めいめいに新馬場駅近くのゴールを目指します。

秋の日暮れは早く、そろそろ暗くなってきた午後4時半、新馬場の「品川宿交流館」にポチポチと集合。
本日のコースはここまでとなります。

最後は交流館の2階を借りて、まとめ会。
クイズの答え合わせでは、「あ~そこは行った!」「見つからなかった!」「答えが分からなかった!」という声が……。限りある時間で、めいっぱい冒険をしていただいた様子です。
f0230467_22453839.jpg


5時過ぎ、品川交流館のスタッフさんに集合写真を撮っていただき、本日のイベント集合。
皆さんに笑顔で帰っていただけて、嬉しかったです。

今回、参加者の皆さんにアンケートにご協力いただきました。おおむね好評で安心すると同時に、また新たな課題も見えてまいりました~。
でも、かなり斬新な(?)イベントだったと思われ、受け入れていただけるのかどうかドキドキしていましたが、この企画のコンセプトを楽しんでいただけたようです。

次回もより楽しいイベントにするべく、スタッフ一同張り切ってまいります。
今回の参加者さんは次回以降続けてのご参加を、今回参加されなかった方もぜひぜひ、期待しております。
みんなで一緒に歩くのでないはから、どこを歩いていても参加者さんに会えるように、もっともっとたくさんの人に参加していただけたらいいな♪
「『ホントに歩く東海道』でホントに歩く東海道ウォーク」、今後もよろしくお願いします~!!

by osanpocafe | 2013-11-05 00:39 | 業務日誌

ちゃらぽこ散歩会「品川みちを歩く」のその2   

11月10日日曜日は、ちゃらぽこ散歩会「品川みちを歩く」の2回目。
10月、11月、12月の3回連続企画の第2弾です。

品川みちは、品川と府中をつなぐ30キロほどの道。府中に武蔵の国の国府があった律令時代、国府に送られる物資は海路で品川の港に着き、そこから府中に運ばれていたそうですが、その頃から続く歴史のある道です。
と言っても、詳しいルートが残る史料は少なく、道筋の断定できないちょっとミステリアスな古道でもあります(^^;

ルートや見どころに関しては、夏休みの日記「品川みちを歩く」の記事をご参照ください。

ちゃらぽこ散歩会では、以下の日程で品川まで通して歩きます。

10月6日(日) 府中(大国魂神社)~狛江駅 ← 終了しました!
11月10日(日) 狛江駅~田園調布駅
12月8日(日) 田園調布駅~北品川駅

3回通してのご参加はもちろん、どれか1、2回だけのご参加も大歓迎です。
たくさんの方のご参加お待ちしてます!!(^^)

今回は第2回めの「狛江~田園調布」のご案内です。

日時 : 11月10日(日)
集合 : 9:30 小田急線・狛江駅改札外
解散 : 16:30ごろ 東急線・田園調布駅付近

参加費 :1200円 (交通費、途中の飲食代は別途ご用意ください)

コース (予定):
狛江駅 → 喜多見 → 野川を越える → 仙川を越える → 岡本民家園 →
丸子川(六郷用水)に沿って西へ → 二子玉川 → 善養寺 → 寮の坂 → 
環八通り → 田園調布駅

今回もものすごく大きな見どころに寄るというよりは、ひたすら
品川みちを歩く感じになります。
古道の痕跡を探りつつ、道筋そのものをお楽しみください!

f0230467_2472576.jpg



ご注意です。

・ 前日までに参加表明をお願いいたします。
  このブログやツイッターへのコメントでもOKです!
  メール:charapocosanpo-pachira@yahoo.co.jp(暫定メールアドレス)

・ 参加費は1200円です。
  交通費、途中の飲食代は別途ご用意ください。
  参加費は、当日集合時にお願いします。

・ 昼食は1000円程度のお食事を予定しています。

・ 10キロほど歩きます。のんびりペースなので、普段それほど
  歩き慣れていない方でもお気軽にご参加いただけますが、
  歩きやすい靴と服装でご参加ください。

・ 小雨決行いたします。状況に応じて雨具をご持参ください。

  1日中大雨が予想される場合などは、中止いたします。
  ブログやツイッターでお知らせする他、参加者の皆さんには個別にご連絡いたします。

・ 途中にコンビニなどはありますが、住宅街を歩く区間が多いので、
  それほど多くはありません。
  また、建物の中で休憩できる場所もあまりありませんので、ご注意ください。
  (必要な場合はルートからそれほど離れていないコンビニ等に寄りますので、
  お気軽に声をおかけください。)

・ 歩きたばこ、歩きながらの飲酒はご遠慮願います。
  マナーを守って楽しい散歩会にしましょう!!




by osanpocafe | 2013-11-01 02:38 | お知らせ・イベント案内

ホントに歩く東海道ウォーク、実践編!?   

「『ホントに歩く東海道』でホントに歩く東海道ウォーク」のご案内の続編・実践編です!
Twitterのアカウントをフォローしてくださった方、Facebookページにいいねくださった方、ありがとうございます!(^^)

きのう水曜日はちゃらぽこの定休日に合わせてもらって、風人社の(こ)さん、ガイドの岡本さんと一緒に、当日の感じを想定しながら日本橋から品川まで歩いてみました。
3人とも、すでに何度も歩いている区間なのですが、みんなで連れ立って歩く普段の散歩会とは違うイベントなので、下歩きもちょっと変わった感じになります。

まずは日本橋に集まって、事前打ち合わせ。
チェックポイントの場所や時間を確認します。
f0230467_120473.jpg


先日からお知らせしている通り、このウォークイベントは、みんなで歩くのではなくて個人個人で好きなように歩けるというのが大きなポイントです。
好きなように歩きながら、ガイドも聞けるというのがウリ。
ですが、バラけ過ぎるとガイドや見所の案内が行き届かなくなるし、完全に個人で歩くワケではないイベントとしての楽しさも感じていただきたい!
しかも自由気ままにとは言っても、やっぱり品川には着いていただきたい!
ってことで、チェックポイントを設定しています。

各チェックポイントに、30〜45分くらいの間、スタッフがおります。
その時間内に通過していただくと、近くの見所のご案内や、老舗和菓子屋さんのお菓子の試食などがありますよ!(^^)

さてさて、打ち合わせを終えて、いよいよ日本橋から出発!

でも、実際に一人一人が自由に歩くと、どのくらいの差が出るのかな。
ガイドの岡本さんを見つけることができるのかな。
昨日はその実験もしてみました。
ワタクシぱきらは、早足でスタスタ歩いてみる役。(こ)さんは当日も配布予定のクイズの答えを探したりしながら、のんびり歩く役。
岡本さんは本番と同じく、東海道沿いを歩いて、参加者さんを見つけたり参加者さんから声がかかったりしたらガイドする役です。

人通りもかなりある、平日の午前中の日本橋で、解散!
岡本さんは人混みに消えていき、私と(こ)さんは日本橋を観光してから別れて個々に東海道を南へ。
しばらく進むと、あ、通りの向こう側に赤い人、岡本さん発見!!

なんか「ガイドを探せ」ゲームみたいでテンション上がるなぁ(・∀・)
※ そういうゲームではありません。
ガイドは隠れたり逃げたりしません。
f0230467_1204883.jpg


見つけたから、ガイドを聞こう(・∀・)
f0230467_1205863.jpg


一方(こ)さんは、はるか後ろの方で何か探しているのが見えます。
クイズに答えているのかな。

参加者の皆さんには、当日は見所の紹介を兼ねたクイズをお配りします。
お配りしますが、これはやるかやらないか、どのくらいやるかは自由です。
ゆっくりあちこち見ながら歩かれる方は、クイズの場所に行くと観光ができます。

早歩き役の私も、ここでクイズを見つけましたーヽ(・∀・)ノ
f0230467_121199.jpg


しばらく歩いていくと、日本橋から1キロポスト!
東海道・京都まで500キロ分の1を歩いたぞ〜ヽ(・∀・)ノ
f0230467_121457.jpg


この少し先に、最初のチェックポイントがあります。この辺の予定。
f0230467_121655.jpg


チェックポイントで3人集合。
ここからしばらくは一緒に歩いてみることにして、お昼前の銀座の街中、お店を冷やかしながら東海道を南下。

一流ブランドショップの並ぶ天下の銀座通り。物欲と食欲の誘惑の街でもありますが、古くから交通の要衝であり江戸の中心地だっただけあって、史跡の案内板・説明板なんかも多いんです。

どこを見るか、というのも自由に選択できるのも、当企画のコンセプトのひとつですので、ぜひ興味のある分野を開拓していただきたいと思います。

我ら実行委員3名はといえば、お店にふらふら〜っと吸い込まれていき……
f0230467_12181.jpg


出てきた手には、アンパンがありましたとさ……。
f0230467_1211463.jpg


そう! 食べ歩きもできますよ!!
銀座のど真ん中ですけどね!!

お食事やお買い物に来たことのある人も多いでしょう、銀座の街。
街道歩きという視点で見ると、これまでとは違うものが見えるハズ。

(普段、道端の史跡とか石垣とか狛犬とかに萌えている3人は、普段と違うテンションで逆に買い食いに走った……?)

でも、歩いてる途中の買い食いって楽しいですよね。
歩いた記念に、ご当地っぽいお土産を買うのもいいかも。

銀座って言ったら虎屋さん。
ゴルフボールの形の最中はいかがでしょう?
f0230467_1211599.jpg


少し先の、新橋の新正堂さんは、忠臣蔵にちなんだ切腹最中で有名ですが、義士ようかんもオススメ。四十七士の箱は集めたくなりますよね〜!!(^^;;
f0230467_1211941.jpg


新正堂さんの義士ようかんは、チェックポイントでご試食いただけます。
美味しかったらちょっと寄り道、お土産にどうぞ!

さてさて、芝大門を過ぎると、第1回目はそろそろ後半戦。
大通りには旧街道の風情はないものの、たくさんの名所旧跡や歴史が残っています。
寄り道も楽しいですよ!

ってことで、(こ)さんが見つけた狛虎を、3人で見に行きました。
この狛虎、かわいい虎さんに見えますが、実は衝撃の虎さんなんです!(>_<)
f0230467_1273592.jpg

f0230467_1273739.jpg



何が衝撃なのかは、ぱきらの口からは申せませんアワワ……なので、行ってその目でお確かめください!!(>_<)

キャーキャー言っちゃった(;・∀・)
昨日の下見は、前半は一人ずつで、後半は3人で歩きましたが、どちらのパターンも楽しいです。
お友達とご参加いただいても、お一人でも、初めての方どうしその場で意気投合してでも、いろんな楽しみ方ができそうです。

勝海舟と西郷隆盛の会見の地で、岡本さんの古地図ガイドが入りました!

この写真は、勝・西郷会見の地の碑を裏から見たとこ。
ここは薩摩藩の蔵屋敷があった場所で、ここで幕末の歴史に残る会見が行われ、江戸城の無血開城→江戸幕府の終わりが話し合われました。

f0230467_1212244.jpg


そんな場所なんですが、写真の右手奥、背の高いビル(光の加減で見にくいですが、NECのビルです)の辺りにあったのが、薩摩藩の上屋敷。
ここで焼き討ち事件が起きたのが、戊辰戦争の始まりだそうです。

日本全国に飛び火し、歴史を塗り替えた戊辰戦争の、発端の場所と締めくくりの場所が目と鼻の先の距離にあったんですねぇ。

そんなことを考えつつ。街道は、歴史の道なのです。

おっと、事件の歴史だけじゃない。
道そのものの史跡にもご注文ください!!

ここは高輪大木戸の跡。
f0230467_1212332.jpg


各街道沿いに設けられた、文字通り、お江戸の出入り口です。
歴史の道の痕跡は、ちゃんと残ってるんですね(^^)

何に重きを置くかは人それぞれですが、せっかく街道歩きをするのだから見ておいていただきたい、これからの街道歩きがもっと楽しくなるかもしれない、そんなポイントを、ガイド・スタッフがご案内いたします。

高輪大木戸を過ぎると、東海道最初の宿場、品川宿まではもう少し。
JRの線路を越えると、東海道は初日の区間では初めて国道を離れ、海際ギリギリだったという品川の宿場通りに入ります。
道幅や道沿いの商店の古い建物などに、宿場の雰囲気のかすかに残る町並みをお楽しみいただいて、第1回目はゴールとなります(^^)

そんなこんなな企画ですが、さぁご一緒にいかがでしょうか!
運営一同ワクワクしながら張り切って企画しておりますが、なにぶん初の試みです。
街道デビューの方にも、街道大好きな方にも、幅広くご参加いただいてご意見ご感想など伺えればと思います。

初回はもうすぐ!11月2日開催です。
ご参加お待ちしてまーす!!ヽ(・∀・)ノ

by osanpocafe | 2013-10-25 01:28 | お知らせ・イベント案内