タグ:暗渠散歩会 ( 3 ) タグの人気記事   

暗渠散歩会を開催しました!!   

<お知らせ>

3月24日は、川歩き好きの集いです。川歩きの好きな方、ぷらりとご来店ください!
3月25日~28日は、街道歩き業務およびイベント準備のため、休業いたします。
ご迷惑をおかけして申し訳ありません。
29日(木)から営業いたします。


3月20日は、第1回・暗渠散歩会「和泉川編」でした!!

共同企画ということもあって、なななななんと、ちゃらぽこ散歩会史上最高となる
参加者30名!!! あわわわわ~……。
しかもも、半数近くの方が、初対面……!!!

ドキドキでしたが、今回も頼もしい運営メンバー(?)の皆さまと、楽しく素敵な
参加者の皆さまのご協力により、とっても楽しく充実した散歩会の1日となりました。

企画・運営に奔走してくださった味噌maxさん
資料ご協力いただいたホンダさんlotus62さん
そして、わりと急な呼びかけにこたえてお集まりいただいた皆さま、
どうもありがとうございました!!

いやぁ、でもね、心配事ばっかりだったんですよね、実は。
まずはお天気が心配だったでしょー。前々日くらいまで、降水確率40%、曇り~って
言ってたんだもんね。それが当日になってみたら、ちゃんと晴れててけっこう暖かくて、
春分の日! お散歩日和! って日でしたもんね。これは嬉しかったなぁ。

で、「暗渠」って、ぱきらにとっては興味はあるものの完全に「アウェイ」なジャンル。
ちゃらぽこだけではこの企画は実現できなかったと思いますが、エキスパートな参加者の
皆さんのおかげで、初心者の方にもお楽しみいただけたようでした!!
(ぱきらが自ら楽しんでたー♪)

そうそう、「初心者向けの……」という当初の企画だったのものの、初心者の参加が少ない
のでは……という心配もありましたが、ふたを開けてみればけっこう多かったです。
「これまでは全然意識してなかったけど、暗渠って面白い!」という声も聞かれ、
良い企画だったなーと思いました。

さらには、半分近くが知らない人! というのもドキドキだったんですが、類は友を呼ぶ
なのか?いい感じにマニアックで気さくでフレンドリーで親切な参加者さんばっかりで、
最初の心配はどこへやら、楽しく歩くことができました!
(全員マイペースなのは、いつものことさ!)


……で。

散歩会のレポート……なんですが……いやぁ、ぱきらも一参加者的に楽しませていただいた
んですがねぇ……あんまり余裕なかったんですねぇ……意外と写真、撮ってないんですねぇ
……。連れられて歩く一員だから、いっぱいツイートするんだもんねーと思っていたんです
が、振り返ってみればあんまりしてないし(^^;

数少ない、当日撮った写真って……

30人で、暗渠散歩出発!!
(いや~、その前に初対面の人が多いから自己紹介~!って思ったら、それだけで
 30分くらいかかったわ~。)
f0230467_045295.jpg


30人で、暗渠の上の遊歩道を練り歩く……!!
f0230467_048253.jpg


30人で、超細道!!
(いやぁ、地元の人、ビックリしてたわ……お騒がせして、スミマセン。
 一応事前に、「これからかなり住宅に密接した細道に入るので、近隣の方への
 配慮をお願いします」という注意があり、騒いだりはしないように慎重に歩いたのですが、
 それでもやっぱ、普段は人気もないひっそりした道に30人ですからねぇ!!)
f0230467_0564651.jpg


30人で、玉川上水に寄り道!! 流れに群がる……!!
f0230467_0463854.jpg


30人で、近くのすごいマンションを見学!!
f0230467_105210.jpg


す、すみません、ぱきらのカメラ、これしかありません……(汗)

後日、カメラ班から当日の現場写真を提供してもらえるのではないかと思いますので、
そしたら何らかの形にまとめたいと思っております……(汗)

でも、楽しかったなぁ。
もともと川歩きが好きなモノとして、暗渠にも興味はあったのですが、でもどうやって
探したらいいの~??という漠然とした興味だったのですが……

今回は、暗渠の見方とかポイントとかを教えてもらうことができました。

染物屋さんが多いのは、暗渠になっていない川歩きにもつながるところがあります。

マンホールがたくさんあるというのは、前にうかがったことがありますが、
確かにこの多さは尋常ではない!!
本当に暗渠だったらどれだけマンホールが多いのかというのを、確認できましたとも!!

橋の跡が残っているのは、古巣(?)の街道歩きでもチェックするポイント。
自治体の境界になっているというのは、まさに旧街道歩きと同じチェックポイント。
(やっぱ、この二つ似てるかもしれませんよ~?)

そのほかにも、学校や銭湯が多いだとか、護岸の跡が残っているだとか、
ひとりでプラリと歩いていても気づかないだろうなぁ。
意識して見たら、これから街を歩くのが楽しくなりそうです!

そんなこんなで、充実したお散歩でした!!

でもって、代田橋で暗渠探索を終了した後は、環七通りをバスでぴゅーン!!
ちゃらぽこで打ち上げ~!!

半分近くの方にご参加いただき、これまた盛り上がりましたなぁ。
暗渠好きの皆さまの、暗渠に対する熱い情熱を聞かせていただき、「なんか散歩マニア」
のぱきらといたしましては、うっとりすると同時に考えさせられることもたくさんあった
のですが、それはまた別の機会に。

何はともあれ、無事に終了いたしました。

ご好評いただきましたので、第2回もぜひぜひ企画したいと思います。
(ってゆーか、企画していただくようにお願いしたいと思いますウシシ)

お楽しみにお待ちくださーい!!
それと、今回が散歩会に初参加だった皆さまも、ちゃらぽこでは暗渠散歩のほかにも
いろいろな散歩会やイベントを企画していますので、そちらもぜひぜひ~♪

あーっと、4月5月もイベント盛りだくさんですが、これまた回を変えて
お知らせいたしますね。
どうもありがとうございました、今後ともよろしくお願いいたします!


[PR]

by osanpocafe | 2012-03-24 00:42 | 業務日誌

20日(火・祝日)は、散歩会です!!   

3月20日(火)は、散歩会のため、かふぇは休業いたします。

いよいよ、えっと……明日か!!
新企画の「暗渠」散歩会です~~!!

ご参加の皆さま、よろしくお願いいたします♪
当日は、10時30分に大江戸線・西新宿五丁目の駅の改札を出たところに集合です。
様子を見て、構内に大人数で集まるのが難しそうな場合は受け付けを
別の場所に移しますが、ひとまずは改札の外においでください~。

まだ迷っていらっしゃる方は、ぜひぜひもうサラっと参加しちゃいましょう~(^^)
参加のご予約は、前日19日いっぱい受け付けております。

参加費は1000円です。当日受付時にお渡しください。
昼食代は別途ご用意ください。(1000円程度)

なお、当日は終了後に東高円寺に移動し、ちゃらぽこで打ち上げ懇親会を予定しております。
夜までご都合のつく方は、ぜひぜひコチラもご参加ください。


注意事項です。

・小雨決行となります。今のところ、予報では雨はなさそうなので、決行の予定です。
 天気予報をご確認の上、念のため雨具などはご用意ください。

・地図上の距離は5キロ程度ですが、見どころをめぐって1日かけてかなり歩きます。
 歩きやすい服装、靴でご参加ください。

・途中の飲酒、歩きたばこはご遠慮ください。

・大人数で、狭い道を歩きます。
 大部分が住宅街なので、周囲へのご配慮をお願いいたします。


以上、当日の集合後にも、再度確認させていただきます。
マナーを守って、楽しい散歩会にしましょう!!

ご参加の皆さま、当日はよろしくお願いいたします!!


あ~、楽しみだなぁ~(^^)
曇りマークですが、ちょっとでも晴れるといいなぁ~♪♪


[PR]

by osanpocafe | 2012-03-19 04:26 | お知らせ・イベント案内

和泉川の跡をたどる~ちゃらぽこ<暗渠>散歩会   

先週このブログでお知らせいたしました、3月20日の和泉川をたどる、<暗渠>散歩会♪
(開催概要は、先日の記事をご参照ください)

おかげさまで、ツイッターを中心に、いい調子で参加表明が集まっております。
ちゃらぽこでお申込いただいた方は、大部分が「暗渠を歩くのは初めて」あるいは
「あんきょってなに??」という方が多く、ツイッターチームはすでに暗渠探索を趣味として
いらっしゃる方や、エキスパートな方が中心のようで。

いろんなアプローチの人がいて楽しそう♪ と同時に、暗渠初めの皆さんには、「暗渠道」の
入門編としていい機会になるのではないかなと、期待しております♪♪

一人でぷらっと歩いていても、なかなか分からないのが、足下にある土地の歴史。
分かってから見れば、よく知っているはずの町の見方も変わりますし、
いつもの町歩きが何倍も楽しくなると思います。新しい楽しみ方を開拓しようかな♪と思われる
方は、この機会にぜひぜひご参加くださーい♪♪

かくいいます、主催者であるはずのちゃらぽこ・ぱきらも暗渠に関しては超初心者なので、
当日はエキスパートな皆さまにくっついて、ぷらり気分で歩く気満々なのですが……

フライングで、当日歩く道筋を、ちょっと見に行って来ました。

和泉川は、1960年代に暗渠化された、神田川の支流です。

出発は、都営地下鉄大江戸線の西新宿五丁目駅付近。いったん北に向かい、神田川から
スタートいたします。ちゃらぽこ散歩会では6月の神田川歩きのときに通った場所。
あの時たしかに、「ここに暗渠の分かれ道があるぞ!!」という話題になったのですよね。
その場所です。

こちらが神田川のそのあたりの風景。そろそろ西新宿のビル群が、目の前に迫るころ。
f0230467_23728.jpg


で、和泉川の暗渠探索は、ここから始まります。
f0230467_2384867.jpg


神田川の岸壁に口を開けた、暗渠。地上部分は……とたどって行きますと……

暗渠の上には、こんな感じに道が続いています。
f0230467_2432690.jpg


暗渠初心者にも分かりやすく続く、暗渠の上の小道。
f0230467_2463849.jpg


身の回りに、こういう場所はありませんか? 東京の町を歩いていたら、どこかしらで
目にしたことがあるのではないかと思います。これ、実は昔、川だった場所の痕跡だったり
するんですね。思いあたる場所があったら、調べてみてください。ご近所には、
「子供のころこの場所でよく水浴びをしたんだよな~」なんていうご老人がいるかもしれません。

ベンチや遊具、自販機などが並ぶ、車は入れない細い道をたどっていくと、ほどなく
方南通りにぶつかります。すぐ横には、西新宿五丁目の駅の入り口。
f0230467_251151.jpg


この駅を利用したことがある! という方は、多いかどうかは分かりませんが、まぁ多少は
いらっしゃると思います。この駅、表示をよく見ると……
f0230467_2522422.jpg


括弧書きで、「清水橋」という表記があるんですね。西新宿五丁目の駅は、
新宿区と渋谷区と中野区の入り組んだ場所にあるのですが、この清水橋という名称、
渋谷区・中野区側のランドマークと言いますか、旧地名といいますか……。

もともとは、和泉川にかかり、現在の山手通りを渡す橋の名前だったそうです。都営大江戸線の
駅名をつける際に、中野区側から要望があって、副称として括弧書きで添えることになったのだとか。
暗渠になってしまった現在では、「橋」が意識されることはまずありませんが、たくさんの人が
生活の中でランドマークとして重用してきたものは、今でもどこかしらに生き残っています。

そうそう、橋といえば、こんなのも……
f0230467_2594574.jpg


これ、明らかに新しいですよね。最近たてられたものです。そのまま橋を流用するならともかく、
歩行者専用道の車止めにするだけなら、別に橋の親柱を再現しなくても良かったはず。
通行止めの看板をひとつ作れば簡単なのに、それでもあえて、親柱を作っているのですね。

橋の跡=土地の人の生活の記憶を残そうとする、こういう趣向、微笑ましくて好きです。

あ、そのまま残っているような、古めかしげな橋もありますよ。
f0230467_371514.jpg


これも、町歩き、街道歩きをしていると、たまに見かけることがあります。
川でもない場所に橋の親柱だけ残ってる! と思ったら、その地面の下を今でも川が
流れているかもしれません。

暗渠の上の道に戻ります。

先ほどは歩行者専用道路の写真を載せましたが、そればかりとは限りません。
車も通る広めの道路もあります。
f0230467_3111517.jpg


反対に、……極端ですが……こんな細道も……
f0230467_3133639.jpg


もう、普通に歩く道ではありません……(^^;
これこそ本当に、知らなければ歩くことのないような道で。そんな場所に足を踏み入れるのも
暗渠探索のお楽しみですが、まぁ散歩会メンバー20人ほどで歩いてもご近所の方から
不審に思われて通報されることのないよう願います……(^^; 一列で歩きましょうね……。

道といえば。

大通りに不自然にぶったり切られながら、その通りを渡った向こう側に自然に続いている
細い道。街道歩きなどのセオリーによれば、これは大通りができる前からある、昔からの
道。街道ならば、旧道。これにトキメく街道ウォーカーも多いと思いますが……

f0230467_327457.jpg


もしかしたら、そのいくつかのうちひとつは、元は道ではなく川だった場所かもしれません。
これまた身の回りを、いつもの散歩コースを見渡してみては?
新しい発見があるかもしれません。

こんな感じで代田橋駅付近へ続く和泉川。近辺は、昔は農村地帯だったそうで、
田畑に水を引く水路として使われていた川なのだそうです。今は住宅やマンションや店が
建て込んでいて、当時の面影はありませんが。この場所を、昔は川が流れていた。周りは田園
だった。そんな風に考えたら、見慣れた都会の風景も、また違う視線で見られるかもしれません。


以上、ひとまず和泉川<暗渠>散策のダイジェストでした。
個人的には、この川に関していえば、何年か前に歩いた甲州街道の1,2本わき道であり、
まったく別の機会に訪れたことのある場所であり……「あれ~、この道通ったことがある~!!
この道は川の跡だったのですか~~♪」というのが面白かったです。

大通りの筋でもないのに、庚申塚やお地蔵様や、その跡。古来、川沿いというのは人が集まる
場所だったのですね。だから、今では幹線として使われているわけでもない小道なのに、
人が足を止めてお参りするような場所が残っているわけですね。この道筋は昔から、
この地域の人々に大切にされていた場所なんだな、という理由を発見することができます。

そんなことを考えながら歩いた、和泉川散策。

散歩会の当日は、さらにエキスパートな皆さまから、暗渠探しのコツや楽しみ方を伺える
ようです。暗渠というものにちょこっとでも興味のある方。いつもの散歩に新しい視点を加えたい
と、漠然とお考えの方。ぜひぜひ、20日は一緒に歩いて、暗渠デビューをしませんか??


[PR]

by osanpocafe | 2012-03-09 03:42 | お知らせ・イベント案内