<   2014年 12月 ( 4 )   > この月の画像一覧   

坊主めくり大会します!   

2014年もあと残り数時間……。
年越しの準備はおすみでしょうか~(^^)

ちゃらぽこはお正月休業中。
ぱきらは何年かぶりで、わりとしっかり紅白歌合戦を見てます。

1月は3日までお休みします。

4日は、恒例となりました?坊主めくり大会!
だいたい午後2時ごろから、7時ごろまでやってます。出入り自由ですので、ご都合のいい時間にプラリとおいでください! でも「もっとやりたい!」ってなるので、お早めにみえることをおススメします(^^)

参加費は、かるいおつまみ込みで2000円です。
飲み物は持ち込み制となっています。お好きなお飲み物をお持ち寄りください。
(通常メニューからご注文の場合は別途承ります。)

ちゃらぽこ2015年は、1月5日から通常どおりの営業となります!
来年も張り切って楽しく営業&イベント企画しますので、お付き合いよろしくお願いいたします!!

2014年はどうもありがとうございました。
皆さま良いお年をお迎えください!!(^0^)




by osanpocafe | 2014-12-31 21:48 | お知らせ・イベント案内

城散歩に行ってきました!   

21日日曜日は、ちゃらぽこ城跡探索。「戦国城郭 河越城跡と小江戸川越散策」ということで、川越に行ってまいりました~!!
参加者26名という、久々の大人数! 遠方からご参加くださった方も多く、どうもありがとうございましたm(_ _)m

ツイッターでもたくさんつぶやいていただきましたので、まとめました~。
→ 20141221城跡探索「川越城」
引用させていただいた皆さま、ありがとうございます♪


城跡探索のガイド・サイガさんの解説は、地形を軸に、お城の本来の存在意義である、「実際の戦闘にどう利用するのか」という視点で語られます。天守閣や石垣のある観光用のお城と違い、まち全体の地形や土塁などの遺構の案内がメインです。

櫓の跡だとか……
f0230467_23341594.jpg


既に埋め立てられているお堀に挟まれた、細い土塁の跡の道は、言われなければ気付かない……というか、案内されなければ通りもしない道ですね……(^^;
f0230467_23452855.jpg


そして、お城をとりまく川越のまちの全体像を、今回は博物館のジオラマを使っておさらい。
f0230467_23341679.jpg


川越のまち全体をお城を中心に見ることで、蔵づくりのメインストリートだけでない、まちの本当の顔が見えてきます。
観光用のお城に行って、天守閣の中のパネル展示を見学してふぅん~って言ってるだけじゃもったいない!!
城跡や、城のあるまちの見方が変わります。
そしてそのセオリーを日本に何千何万とあるという他のお城跡に応用すれば、散歩や旅がいっそう楽しめるハズ!!

次回の城跡探索は2月を予定していますが、前回の江戸城、今回の川越城と言ったメジャーなお城とは一風変わり、サイガさんの本分という「土のお城」を見に行きます!
でも、今回しみじみ思ったのですが、現地に行って見る前に予備知識があればもっとも~っと楽しめるに違いない!!

ということで、1月から室内で「戦国時代の城郭と合戦」という講座を開催していただくことになりました~(^0^)

1月から4月までの第3火曜日、19:00ごろから、ちゃらぽこにて。
以下、講座の内容です。

第1回 1/20(火)
「城郭の種類と用語」
日本各地の有名なお城の写真を見ながらお城の種類と基本的な用語の解説。

第2回 2/17(火)
「縄張図を用いて城郭散策の仕方」
お城散策に必要な縄張図の見方。地形・等高線地図を用いてお城をどのように考えるか?を解説。

そして、2回のあとで2月22日(日)に、城跡探索第3弾!

「縄張図を見ながら土の城郭散策・須賀谷原合戦の現地踏査」
2回の講座の内容を現地で確認♪ ということで、武蔵嵐山の、戦国時代の土の城の名城・杉山城、小倉城などを見にいきます!(講座を未受講の方でもご参加いただけます)

第3回 3/17(火)
「戦国時代の合戦と古戦場」
地図・地形を見ながら戦国時代の有名な合戦の経過を解説。

第4回 4/21(火)
「城郭と合戦・戦国時代の軍事セオリー」
戦国大名と在地領主の関係がどうであったか? そして合戦の中でお城がどのように活用されたかを解説。

第4回の前後で、城跡探索第4弾、千葉県の国府台城へ!

という大まかな内容となっております!(予定です!)

歴史のお好きな方はモチロンですが、「このあいだ散歩していたら、『城跡』っていう看板を見たんだけど、あのお城はなんだ?」という方(それは、ぱきらだ……)にもお楽しみいただける城跡探索・入門講座となっています!!

参加費はドリンク付き1500円で、ご興味のある回のみでも通してのご参加も大歓迎です。
さらなる詳細は、また後日改めてお知らせいたします~(^^)

城跡講座&探索会、お楽しみに~(^0^)/

by osanpocafe | 2014-12-22 23:33 | 業務日誌

今週末です!! 城跡探索「川越城」   

今週末12月21日(日)は、いよいよ「ちゃらぽこ城跡探索会 戦国城郭 河越城跡と小江戸川越散策」です!! すでにたくさんの方からお申し込みいただいておりますが、お申し込み忘れはないですか?(^0^)

f0230467_332495.jpg


今回は、7月の江戸城からの流れで、江戸の北の守りの要衝として築かれた川越城へ。
川越なくして江戸は語れない!?
ガイドのサイガさんから届きました、川越城探索の見どころをご紹介します!

1.太田道灌が江戸城と同時に川越城を築いた理由を地形から読み解きます。

前回の江戸城でも、「お城や町の見方が変わった!」とご好評いただいた、そこにお城のある理由。
楽しみですね~(^^)

f0230467_3323173.jpg


2.川越城の築城方法(縄張)が後北条氏の得意とする築城方法で、その効力(対人殺傷力)の高さから、その築城方法は近世城郭(江戸時代に築城された石垣の城)を代表する、江戸城、姫路城にも採用されます。

観光地・小江戸として多くの人が訪れる川越。その中心の川越城ですが、築かれた目的はもちろん戦のため。観光用のほんわかした理由ではないんですよね(^^; 「お城」の意義を再確認しに行きます!

3.全国的に有名な童謡「とおりゃんせ」
この唄の内容を現地にて詳細に検証すると、どの場所を歩いたか?が理解できます。


個人的にも、興味津々です!!

4.「神君家康公」の懐刀であった「大僧正・天海」。天海の進言により家康公は武蔵国・無量寿寺の再興を認め、その後に喜多院となり関東天台宗の本山と定めて天海の在住を招請しました。喜多院での彼の痕跡を散策します。

天海僧正は、江戸幕府の立役者。朝廷から「慈眼大師」の諡号を朝廷から賜り、日本で7番目、史上最後の大師様となった人で、ちょっと気が早いですが再来年の大河ドラマ「真田丸」において最大クライマックスとなる「大坂の役」(大坂冬の陣・夏の陣)の発端となった、「方広寺鐘銘事件」にも深く関わる人物だとか。

f0230467_3461034.jpg


5.明治から昭和にかけての都市開発で昔のお城跡が失われたと思われますが
現在の地形にも当時の城の形(遺構)がハッキリと見える場所があります。


これぞ、城跡探索のハイライト。お城跡は全国各地に足の踏み場もないほどたくさんあります。歴史の好きな方はモチロンですが、散歩や旅が好きな方も、これを知って他の場所を訪れた時に応用すれば、より一層、普段の散歩を楽しむことができるのでは?

といった、見どころいっぱいの散歩会です。
初めての方、歴史やお城に詳しくない方も、お気軽にご参加ください(^^)

概要は、ホームページをご覧ください。

なお、城跡探索は2月、4月とまた別のお城をテーマに続編を予定しておりますが、1月からは月1回程度の室内講座を「ちゃらぽこ」にて企画しております。講師はもちろん今回のガイド・サイガさんです。
詳細は改めてお知らせいたします!!

それでは散歩会当日、いいお天気になりますように~♪


by osanpocafe | 2014-12-18 03:47 | お知らせ・イベント案内

演奏会「琵琶で聞く『忠臣蔵』」   

12月14日は、赤穂浪士による吉良邸討ち入りの日! ってことで、ちゃらぽこでは、忠臣蔵をテーマにした琵琶の演奏会を開催いたします~!!

琵琶の弾き語りというと、平家物語を思い浮かべる方も多いかと思いますが、それだけでなく歌舞伎や講談のように、さまざまな歴史上の出来事や物語に題をとったものが琵琶の曲にもたくさんあります。
忠臣蔵もそのひとつ。歌舞伎にも講談にも、事件の場面場面やスピンオフのようなお話も多く描かれていますが、琵琶にも忠臣蔵の物語をテーマにした曲が多々あります。

今回はその中から、物語の発端、赤穂藩主・浅野内匠頭が江戸城内で吉良上野介を切りつけた「松の廊下」と、元禄15年12月14日、大石内蔵助率いる47人の赤穂浪士が吉良邸に討ち入った場面を語る「雪晴れ」の2曲をお聞きいただきます。

泉岳寺も両国もお祭りですが、今年の討ち入りの日は、琵琶の演奏に耳を傾けるなどいかがでしょうか(^^)

12月14日、18時ごろから。
琵琶の演奏2曲と、簡単な解説付きで、1時間程度の予定です。

参加費は1ドリンク付で1000円。(追加のご注文も別途承ります)

世間は全国的に選挙の日のようですが……

選挙帰りの方も、討ち入り後の引き上げ中の方も。ご予約なしでぷらっとご参加も大歓迎です。
なかなか生で、間近で聞く機会の少ない琵琶の演奏ですが、堅苦しい会ではありませんので、お茶を飲みがてらお気軽にどうぞ!!

f0230467_3415669.jpg



by osanpocafe | 2014-12-08 03:17 | お知らせ・イベント案内