人気ブログランキング |

<   2014年 08月 ( 1 )   > この月の画像一覧   

海沿いの東海道をホントに歩く?(^o^)   

うひゃぁ! ブログをサボりまくっているうちに1ヶ月も経っちゃった!!
何が毎日更新だ、毎月すら危うくなっていたじゃないか〜((( ;゚Д゚)))

慌てて更新。
9月の「『ホントに歩く東海道』でホントに歩く東海道ウォーク」のご案内にしますね〜(^o^;

9月6日土曜日は、東海道ウォークの第9回。
大磯から二宮を歩きます。(マップの9が「二宮まで」となっていますが、実際には二宮と国府津の間で終わるので、次回以降のスケジュールを考慮して国府津駅まで歩きます。)

今回のコースで、東海道は日本橋を出てから初めて海を間近に見ることができます。
後半は西湘バイパス越しに海を望みながらの道になりますが、大磯を出てすぐの照ヶ崎海岸もオススメ(^^)

海水浴場になっていて、広〜い砂浜が望めます。
夏は海水浴やバーベキューの人で賑わっていますが、9月はどうかな。
f0230467_213143.jpg


ここ大磯は、日本の「海水浴」発祥の地。
現在は全国に多々ある海水浴場ですが、実は明治に入って軍医の松本順が健康のための海水浴を提唱したのが始まりなのだとか。

あ、ジャ◯ーズではないです。
幕末に新選組の隊士も診療したという御典医の松本良順さん。実のお父さんは、両国薬研堀に順天堂の前身となる「和田塾」を開いた佐藤泰然さん。
明治に入って新政府の軍医となり、名を松本順と改め、亡くなるまでの20年ほどを大磯で暮らしたそうです。
お墓も大磯にあります。

松順(ジャ◯ーズではありません)が大磯を海水浴に最適な地としして推奨し、海水浴場が作られたことで、大磯町はとても活性化したということで、大磯の偉人ですね(^o^)

こちらは照ヶ崎海岸にある顕彰碑です。デカい!!
f0230467_2131621.jpg


さらに大磯は、「湘南」発祥の地でもあります。
茅ヶ崎や江ノ電やサザンじゃないんだぜ!!(・ω<)

さてさて話をコース上に海があるよって話題に戻しますと、もう少し進んだ場所に、砂地の路地が……。
f0230467_2132283.jpg


細道をたどって行くと、西湘バイパスの高架をくぐって静かな海岸に出ました。
f0230467_2131874.jpg


今回のコースは内陸に入る区間もありますが、こんな感じでヒョイっと脇道を曲がると2、3分で海に出られる場所がいくつかあります。
寄り道自由のウォークですから、ちょっと探検してみてはいかがでしょうか(^^)

ただ惜しむらくは、常に街道と海の間に西湘バイパスが走っているんですよね……(´・ω・`)
これはこれでまぁいいんですが、歩いていて海がバチーんと見られたら嬉しいんですけどねぇ……。
f0230467_2131931.jpg


下見に行った日はスタートが遅くて、国府津近くで日が暮れてしまったんですが、最後に夕暮れの海をどうぞ。
f0230467_2131957.jpg


ここらへんに来ると、小田原の海がすぐそこに見えます。
カマボコの匂いが漂い始めたところで(錯覚)、今回のコースはおしまいとなります。

ところで、東海道って海沿いの道っていうイメージがありませんか?
これまで歩いてきた品川や横浜も、江戸時代は海沿いの道筋だったそうですが、埋め立てられて今は遠くなっています。

この先、静岡県で海の近くを歩きますが、愛知に入ると七里の渡しまで海には会わず、三重県に渡って四日市を過ぎた後は滋賀・京都と山の中。

水害を避けて移転した部分もありますが、東海道500キロの中で気軽に海に寄れる場所って、実はそんなに多くないんですよね。

貴重な磯の香りをお楽しみくださーい!*\(^o^)/*

東海道ウォーク第9回は、9月6日土曜日です。
「今回から」「今回だけ」でもご参加いただけます。

詳細はホームページをごらんください。
参加お申し込みは、ホームページのフォームからでもメール、お電話、ご来店でもOKです。

たくさんの方のご参加お待ちしてまーす♪

by osanpocafe | 2014-08-29 02:11 | お知らせ・イベント案内