<   2012年 03月 ( 12 )   > この月の画像一覧   

羽村・お花見?光合成?散歩会のお知らせ!!   

今週末は国分寺散歩会ですが、そのあと翌週の8日日曜日は続けて
「羽村・お花見散歩会」です!!
予報では、8日ごろが桜も満開の見ごろとのこと。

コースには、お花見・川・地ビールと、見どころいっぱい。
日常の忙しさをしばし忘れ、里山のステキな道をのんびり歩く散歩会ですので、
光合成に、リフレッシュに、ぜひぜひご参加くださーい♪♪


ひとまず現在の予定

4月8日(日曜日) 9:30(予定)~17:30ごろ
JR青梅線・羽村駅の東口の階段を下りたところ集合
ゴールは拝島の「石川酒造」(JR青梅線・拝島駅から徒歩15分)

参加費:1200円(飲食代・交通費は除く)

お昼ごはんはお花見がてら外でピクニック形式の予定です。
お弁当、飲み物をご持参ください。

なお、お花見ポイントは、1か所に桜の木がたくさんという場所ではなく、川岸沿いに
桜並木が続いている感じです。お昼ごはんは桜の見える場所でと思っておりますが、
「お花見宴会」ではなく、あくまで歩きながら見る方がメインです。
なので、お花見の場所取りなどもしません。あらかじめご了承ください。
(まぁ、ちょっと座ってごはんを食べる場所くらいはあるかなぁと、希望的観測)

それと、「5月から玉川上水を歩きます」と言っていましたが、8日の散歩会で
上流部分・牛浜駅付近までの4キロほどを歩いてしまいます。
コースがかぶってしまうので、5月からの玉川上水散歩会は、牛浜駅スタートになる
可能性が濃厚です。

参加をご希望の方は、恐れ入りますが事前にご一報くださいませm(_ _)m


以下、簡単にコース&見どころです♪

写真は3月28日に下見をしてきたときのモノです。日が暮れている写真がありますが、
一応当日は、明るいうちにゴールする予定です(^^; 桜も咲いていると思います。

まずは、羽村駅を出てすぐ近くに、まいまいず井戸!
12月の青梅街道散歩会のときに、河辺の手前でも「新町の大井戸」を見ました
ので、ちゃらぽこ散歩会ではなんと2回目の「まいまいず井戸」です。
f0230467_0341711.jpg


線路を渡って多摩川の流れる方へ。古いお寺や神社なども見ながらぷらぷらお散歩。
広々として樹木や花も多く、とっても気持ちのいい町並みです。
ときどき出会う、魅力的な路地も。気になる角を曲がって寄り道……なんていうのも
楽しそう。春の町あるきをお楽しみください。
f0230467_035307.jpg


多摩川に出る手前に、チューリップ畑!! 東京には珍しく、かなり広い花畑です!!
チューリップ畑の見ごろには、まだちょっと早いかなぁ~……と思ったら……
f0230467_0361172.jpg


既に花を開いている、あわてん坊も(^^;) 8日にはもう少し咲いているでしょうか?
f0230467_0365563.jpg


多摩川沿いに出ると、桜並木が川に沿って続いています。
昨日はまだ、ちょっと赤くなりだしたつぼみでした。8日が楽しみです♪
お昼ごはんも、この土手辺りでピクニックの予定です。
f0230467_0424261.jpg


多摩川を下流に進むと、いよいよ羽村堰。ここから玉川上水が始まります。
f0230467_0382486.jpg


玉川上水も、両側に桜の木が並ぶお花見スポット。
f0230467_039298.jpg


お祭りも開催されるようです。屋台が営業していれば、食べ歩きもOK。
ですが、人出も予想されますので、ご注意くださーい(^^;
f0230467_0445590.jpg


ちなみに、今回はお花見とぷらぷら歩きを楽しむ、ゆるゆる散歩会の予定。
あえて、「何時にどこを通過しなければ……」というようなコースには
設定しておりません。近くに羽村郷土博物館などもありますので、時間があれば
立ち寄ったりしたいと思います。

ここからしばらくの間、玉川上水に沿って歩きます。
5月からは、四谷大木戸まで40キロにわたる玉川上水散歩会を行います。
その、始まりの部分です。
f0230467_0411621.jpg


牛浜駅近くで玉川上水を離れ、並行して流れる多摩川の方へ。
拝島駅の近くに、地酒「多満自慢」や地ビール「多摩の恵み」を作っている
石川酒造さんがあります。ここで蔵を見学させていただく予定です。
f0230467_0455549.jpg


見学後は、地ビールの楽しめるレストランへ。数種類ある地ビールは、1種類
グラス500円くらいで飲むことができます。軽く1杯いかがですか??

ここらへんで、午後5時半くらいの予定です。
拝島駅はここから15分ほどの場所で、終了後は拝島駅近くで打ち上げ懇親会を予定
しています。お時間のある方は、こちらもぜひご参加ください!!

なお、ここでご紹介したコースには大きな変更はないと思いますが、追加のお知らせ
などあるかもしれません。またこのブログでご案内しますので、ごらんください。

たくさんの方のご参加、お待ちしております!!


[PR]

by osanpocafe | 2012-03-30 00:31 | お知らせ・イベント案内

散歩会についての追加事項   

昨日お知らせいたしました、4月1日の散歩会に関する追記です。

その1

お昼ごはんの場所ですが、国分寺・真姿の池とお鷹の道の近くの「おたカフェ」
を予定しています。

なお、当日はコースにもある日立研究所の庭園開放でこの界隈は混雑が予想され、
こちらのお店もかなり忙しくなりそうだということなので、申し訳ありませんが
メニューを極力「キーマカレー」か「スパゲッティ・ミートソース」に限らせて
いただき、事前にご注文いただければと思います。

注文は、このブログへのコメントでも、メール、お電話でも、店に直接でもOKです。
あ、どちらでもいいよ~という方は、お知らせは不要です♪
決まり次第ご一報いただけると助かります。直前に、本当にスミマセン~(汗)

ちなみに、どちらもダメ!という方は、ご相談ください。
一応、ほかのメニューでも事前に言っておいていただければご用意は可能とのこと。
また、近くにうどん屋さんなどもあります。(そちらは10名弱しか入れないお店
なので、全員で予約をすることはできません。なので別行動になってしまいますが、
万一「肉がダメ」とかそういう方がいらっしゃいましたら、ご案内いたします。)


その2

「4月のイベント」のお知らせの時点で、「参加費1200円昼食除く」とお知らせ
していましたが、昨日のブログ内容の通り「昼食込み2000円」に変更させて
いただきました。直前の変更、大変申し訳ありません!!

途中に庭園等の観光施設がありますが、そちらの見学料も込みです。


その3

終了後、武蔵小金井駅周辺で打ち上げ懇親会を予定しています。
お時間に余裕のある方は、ぜひぜひご参加ください。
居酒屋で、4000円程度の予定です。


その4

コースに湧水ポイントが数か所あります。
ペットボトル等をお持ちいただくと、水を汲める場所もあります。


以上、よろしくお願いいたしますm(_ _)m


[PR]

by osanpocafe | 2012-03-29 00:13 | お知らせ・イベント案内

ちゃらぽこ散歩会・野川源流と湧水・国分寺崖線散歩   

うわぁもうあと5日後になってしまいましたが!!
4月1日(日)は、第13回ちゃらぽこ散歩会です!!

日立研究所の庭園開放を見に行きます。
そのあと、湧水&国分寺崖線つながりで、お鷹の道とかハケの道とかをぷらぷらします。

国分寺崖線・ハケの道とは……

「多摩川に沿ってつづく国分寺崖線は、かつての多摩川が武蔵野台地を侵食して
 つくった崖地である。武蔵野では古くから、台地が低地に接する崖を『ハケ』とよんだ。
 ハケからの湧水は、古多摩川の名残といわれる野川へと注ぐ。流れに沿って連なる
 『ハケの道』界隈は、大岡昇平の小説『武蔵野夫人』の舞台になったことで全国的に
 知られるようになった。」 引用・東京都「歴史と文化の散歩道」より

ということです。

JR西国分寺駅から国分寺、武蔵小金井周辺へ続く国分寺崖線沿いは、湧水や、
天然の崖と湧水を利用した庭園など、自然に親しめる見どころ満載の散歩コースです。

また、4月1日は、年に2日間だけ公開される「日立中央研究所」の庭園が見られます。
多摩川に流れ込む「野川」の源流を見ることができます。

桜にはまだ少し早そうですが、草木も花もきれいに咲きそろいだしたこの季節。
道端の花や小川の流れを楽しみつつ、ぷらっとお散歩はいかがですか?



4月1日(日) 第13回 ちゃらぽこ散歩会
          「野川の源流と、湧水・ハケの道~国分寺崖線散歩」

集合  9:30 JR中央線・武蔵野線 西国分寺駅 北口
参加費 2000円(飲食代込み、交通費は除く)
     ↑ すみません! 昼食込みに変更になりました!

コース
西国分寺・姿見の池 → 国分寺・日立研究所庭園内、野川源流 → 国分寺公園 →
真姿の池 → お鷹の道 → 殿ヶ谷戸庭園 → ハケの道 → 貫井神社 → 蒼浪泉園 → 
ハケの小路 → 小金井の水・六地蔵 → 武蔵小金井駅(17時頃ゴール)

※ 都合により、コースが若干変更になる可能性があります。

終了後に武蔵小金井で打ち上げを予定しています。
お時間に余裕のある方は、ぜひぜひコチラもご参加ください!!

<ご注意>

・ 参加費は2000円、昼食代込みです。その他の飲食代、交通費は別にご用意ください。
  参加費は、当日の集合後にお支払いください。
・ 外での待ち合わせになりますので、参加ご希望の方は事前にご一報ください。
  参加表明は、このブログへのコメントでも、お電話、メールでも、もちろん直接ご来店でも
  受け付けします。
・ 小雨決行いたします。雨の場合、一部コースが変更になる可能性があります。
・ 歩き煙草、飲酒はご遠慮ください。マナーを守って、楽しい散歩会にしましょう♪♪


以下、ダイジェストでコース紹介

まずは、西国分寺駅の北口に集合します! 中央線・武蔵野線でお越しください。
中央線でアクセスされる方は、中央特快は停まりませんのでご注意を!!

f0230467_0574375.jpg


鎌倉街道・恋ヶ窪宿の遊女達が、この池で自分の姿を映して見ていたという、姿見の池。
源氏の武将・畠山重忠と、恋ヶ窪宿の遊女・夙妻太夫の伝説も残っています。

f0230467_18516.jpg


日立研究所内の様子は、先日リバーサイドさんにご紹介いただきました。
予習の方は、リバーサイドさんのブログをごらんください♪

国分寺あたり、JRの線路周辺はちょっと行くと坂道がいっぱい。なんたって国分寺崖線!
上ったり下りたりも、今回の散歩会の楽しみのウチですからね! 上りにめげないでね!

f0230467_1281351.jpg


始まったばかりの野川を、ちょこっと見ます。このグネグネ、いいなぁ(^^)
f0230467_130293.jpg


ここからのコースは、野川につかず離れずのカンジで進みます。
川沿いに歩く野川散歩は、またほかの機会に、ですが、会うたびに少しずつ表情を
帰る野川の流れを横目に見つつ、東の方へ……

全国の名水百選にも選ばれた真姿の池と、江戸時代、尾張徳川家の御鷹場だったことに
由来するお鷹の道。澄んだ小川が脇を流れる、心地よい散歩道です。

f0230467_1363895.jpg

f0230467_1385863.jpg


国分寺から武蔵小金井へ向かう道は、小説「武蔵野夫人」の舞台にもなった「ハケの道」。
左手に崖、右手に野川の流れをちらほら見つつ、住宅街の小路を歩きます。

f0230467_1434752.jpg


生活に溶け込むように流れる、小路の脇の小さな流れをお楽しみください。
f0230467_1514386.jpg


ゴールはこの近く、JR中央線の武蔵小金井駅。
スタートの西国分寺からは9キロほどの道のりになります。
まぁいつもの「ちゃらぽこ散歩会」くらいの、やや歩きでがあるかな~という感じの
コースです。春の初めの1日を、たっぷり楽しめるコースとなっていますので、
お楽しみにお楽しみに~。たくさんの方のご参加を、お待ちしております!!



[PR]

by osanpocafe | 2012-03-28 00:46 | お知らせ・イベント案内

ざっくり4月の予定など   

<お知らせ>

3月25日~28日は、街道歩き業務およびイベント準備のため、休業いたします。
ご迷惑をおかけして申し訳ありません。
29日(木)から営業いたします。



<4月のイベント案内>

個々のイベントに関しては、記事を改めて詳しくお知らせすることといたしまして、
ひとまず4月のイベントの予定です。

4月1日(日) 第13回 ちゃらぽこ散歩会
          「野川の源流と、湧水・ハケの道~国分寺崖線散歩」

   集合  9:30 JR中央線・武蔵野線 西国分寺駅 北口
   参加費 2000円(飲食代込み・交通費は除く)
   コース 西国分寺・姿見の池→国分寺・日立研究所庭園内、野川源流(年に2回
       だけ一般公開されます。)→国分寺公園→真姿の池→お鷹の道→殿ヶ谷戸庭園
       →ハケの道→蒼浪泉園→武蔵小金井駅(17時頃ゴール)
     ※ 都合により、コースが若干変更になる可能性があります。

4月5日(木) 何となく定例のゆる飲み会 18:00ごろ~

4月8日(日) 第14回 ちゃらぽこ散歩会
           「川と桜と地ビール散歩 ~ 羽村お花見散歩会」

   集合  10:00ごろ JR青梅線 羽村駅(予定)
   参加費 1200円程度(飲食代・交通費を除く)(予定)
   コース 羽村駅→まいまいず井戸→羽村市郷土博物館→羽村堰→多摩川周辺(お花見)
       →石川酒造(地ビール「多摩の恵み」醸造所見学
     ※ 都合により、コースが若干変更になる可能性があります。
     ※ 石川酒造に地ビールの飲めるレストランがありますが、飲食費が別途必要です。

4月21日(土) 街道ウォーカーの集い

4月25日(水) 平日散歩会 町田えびね苑と周辺散歩(詳細未定)

散歩会の日は、かふぇは休業いたします。ご迷惑をおかけして申し訳ありません。
散歩会に参加をご希望の方は、事前にお申し込みください。
それぞれ詳細は後日このブログなどでお知らせいたします。




[PR]

by osanpocafe | 2012-03-26 01:17 | お知らせ・イベント案内

暗渠散歩会を開催しました!!   

<お知らせ>

3月24日は、川歩き好きの集いです。川歩きの好きな方、ぷらりとご来店ください!
3月25日~28日は、街道歩き業務およびイベント準備のため、休業いたします。
ご迷惑をおかけして申し訳ありません。
29日(木)から営業いたします。


3月20日は、第1回・暗渠散歩会「和泉川編」でした!!

共同企画ということもあって、なななななんと、ちゃらぽこ散歩会史上最高となる
参加者30名!!! あわわわわ~……。
しかもも、半数近くの方が、初対面……!!!

ドキドキでしたが、今回も頼もしい運営メンバー(?)の皆さまと、楽しく素敵な
参加者の皆さまのご協力により、とっても楽しく充実した散歩会の1日となりました。

企画・運営に奔走してくださった味噌maxさん
資料ご協力いただいたホンダさんlotus62さん
そして、わりと急な呼びかけにこたえてお集まりいただいた皆さま、
どうもありがとうございました!!

いやぁ、でもね、心配事ばっかりだったんですよね、実は。
まずはお天気が心配だったでしょー。前々日くらいまで、降水確率40%、曇り~って
言ってたんだもんね。それが当日になってみたら、ちゃんと晴れててけっこう暖かくて、
春分の日! お散歩日和! って日でしたもんね。これは嬉しかったなぁ。

で、「暗渠」って、ぱきらにとっては興味はあるものの完全に「アウェイ」なジャンル。
ちゃらぽこだけではこの企画は実現できなかったと思いますが、エキスパートな参加者の
皆さんのおかげで、初心者の方にもお楽しみいただけたようでした!!
(ぱきらが自ら楽しんでたー♪)

そうそう、「初心者向けの……」という当初の企画だったのものの、初心者の参加が少ない
のでは……という心配もありましたが、ふたを開けてみればけっこう多かったです。
「これまでは全然意識してなかったけど、暗渠って面白い!」という声も聞かれ、
良い企画だったなーと思いました。

さらには、半分近くが知らない人! というのもドキドキだったんですが、類は友を呼ぶ
なのか?いい感じにマニアックで気さくでフレンドリーで親切な参加者さんばっかりで、
最初の心配はどこへやら、楽しく歩くことができました!
(全員マイペースなのは、いつものことさ!)


……で。

散歩会のレポート……なんですが……いやぁ、ぱきらも一参加者的に楽しませていただいた
んですがねぇ……あんまり余裕なかったんですねぇ……意外と写真、撮ってないんですねぇ
……。連れられて歩く一員だから、いっぱいツイートするんだもんねーと思っていたんです
が、振り返ってみればあんまりしてないし(^^;

数少ない、当日撮った写真って……

30人で、暗渠散歩出発!!
(いや~、その前に初対面の人が多いから自己紹介~!って思ったら、それだけで
 30分くらいかかったわ~。)
f0230467_045295.jpg


30人で、暗渠の上の遊歩道を練り歩く……!!
f0230467_048253.jpg


30人で、超細道!!
(いやぁ、地元の人、ビックリしてたわ……お騒がせして、スミマセン。
 一応事前に、「これからかなり住宅に密接した細道に入るので、近隣の方への
 配慮をお願いします」という注意があり、騒いだりはしないように慎重に歩いたのですが、
 それでもやっぱ、普段は人気もないひっそりした道に30人ですからねぇ!!)
f0230467_0564651.jpg


30人で、玉川上水に寄り道!! 流れに群がる……!!
f0230467_0463854.jpg


30人で、近くのすごいマンションを見学!!
f0230467_105210.jpg


す、すみません、ぱきらのカメラ、これしかありません……(汗)

後日、カメラ班から当日の現場写真を提供してもらえるのではないかと思いますので、
そしたら何らかの形にまとめたいと思っております……(汗)

でも、楽しかったなぁ。
もともと川歩きが好きなモノとして、暗渠にも興味はあったのですが、でもどうやって
探したらいいの~??という漠然とした興味だったのですが……

今回は、暗渠の見方とかポイントとかを教えてもらうことができました。

染物屋さんが多いのは、暗渠になっていない川歩きにもつながるところがあります。

マンホールがたくさんあるというのは、前にうかがったことがありますが、
確かにこの多さは尋常ではない!!
本当に暗渠だったらどれだけマンホールが多いのかというのを、確認できましたとも!!

橋の跡が残っているのは、古巣(?)の街道歩きでもチェックするポイント。
自治体の境界になっているというのは、まさに旧街道歩きと同じチェックポイント。
(やっぱ、この二つ似てるかもしれませんよ~?)

そのほかにも、学校や銭湯が多いだとか、護岸の跡が残っているだとか、
ひとりでプラリと歩いていても気づかないだろうなぁ。
意識して見たら、これから街を歩くのが楽しくなりそうです!

そんなこんなで、充実したお散歩でした!!

でもって、代田橋で暗渠探索を終了した後は、環七通りをバスでぴゅーン!!
ちゃらぽこで打ち上げ~!!

半分近くの方にご参加いただき、これまた盛り上がりましたなぁ。
暗渠好きの皆さまの、暗渠に対する熱い情熱を聞かせていただき、「なんか散歩マニア」
のぱきらといたしましては、うっとりすると同時に考えさせられることもたくさんあった
のですが、それはまた別の機会に。

何はともあれ、無事に終了いたしました。

ご好評いただきましたので、第2回もぜひぜひ企画したいと思います。
(ってゆーか、企画していただくようにお願いしたいと思いますウシシ)

お楽しみにお待ちくださーい!!
それと、今回が散歩会に初参加だった皆さまも、ちゃらぽこでは暗渠散歩のほかにも
いろいろな散歩会やイベントを企画していますので、そちらもぜひぜひ~♪

あーっと、4月5月もイベント盛りだくさんですが、これまた回を変えて
お知らせいたしますね。
どうもありがとうございました、今後ともよろしくお願いいたします!


[PR]

by osanpocafe | 2012-03-24 00:42 | 業務日誌

20日(火・祝日)は、散歩会です!!   

3月20日(火)は、散歩会のため、かふぇは休業いたします。

いよいよ、えっと……明日か!!
新企画の「暗渠」散歩会です~~!!

ご参加の皆さま、よろしくお願いいたします♪
当日は、10時30分に大江戸線・西新宿五丁目の駅の改札を出たところに集合です。
様子を見て、構内に大人数で集まるのが難しそうな場合は受け付けを
別の場所に移しますが、ひとまずは改札の外においでください~。

まだ迷っていらっしゃる方は、ぜひぜひもうサラっと参加しちゃいましょう~(^^)
参加のご予約は、前日19日いっぱい受け付けております。

参加費は1000円です。当日受付時にお渡しください。
昼食代は別途ご用意ください。(1000円程度)

なお、当日は終了後に東高円寺に移動し、ちゃらぽこで打ち上げ懇親会を予定しております。
夜までご都合のつく方は、ぜひぜひコチラもご参加ください。


注意事項です。

・小雨決行となります。今のところ、予報では雨はなさそうなので、決行の予定です。
 天気予報をご確認の上、念のため雨具などはご用意ください。

・地図上の距離は5キロ程度ですが、見どころをめぐって1日かけてかなり歩きます。
 歩きやすい服装、靴でご参加ください。

・途中の飲酒、歩きたばこはご遠慮ください。

・大人数で、狭い道を歩きます。
 大部分が住宅街なので、周囲へのご配慮をお願いいたします。


以上、当日の集合後にも、再度確認させていただきます。
マナーを守って、楽しい散歩会にしましょう!!

ご参加の皆さま、当日はよろしくお願いいたします!!


あ~、楽しみだなぁ~(^^)
曇りマークですが、ちょっとでも晴れるといいなぁ~♪♪


[PR]

by osanpocafe | 2012-03-19 04:26 | お知らせ・イベント案内

今週末! 第3回 街道ウォーカーの集いです!   

街道の旅人の皆さま!!
またまたまたお集まりくださ~い!!

今週末・3月17日(土)は、街道ウォーカーの集いですよ!!

昨年まで、開店から1年半で5回にわたって開催してきました、「東海道好きの集い」
は、テーマも幅広く「街道」にして、今年から月1回の定例会となりました!!

1月の第1回目、2月の2回目も、たくさんの方にご来店いただきました!
夜の部は、街道沿いの銘酒もお楽しみいただき、大宴会に。
いやぁ盛り上がった盛り上がった~♪

普段なかなか話の通じる相手のいない街道話を、ここぞとばかりに楽しんでいただいたことと
思います~。初めての方にもご参加いただいて、街道歩き仲間の輪が広がったかなぁと。
次も期待してますよ!!  ということで……


第3回目のお知らせです!!

3月17日(土) 昼の部 : 3時ごろ~ぼちぼち集合
          夜の部 : 6時ごろ~懇親会

前回までと同じく、午後3時ぐらいからぼちぼち始めます!
3時過ぎに見えると、街道ウォーカーが誰かしらいます。たぶん。

今回も、「歩いて見て楽しむ平成東海道五十三次」
「東海道五十三次 四百年の歴史をあるく」の著者・岡本永義氏が3時過ぎ(たぶん)から
ご在ぽこ。恒例となりました東海道マニアックマップですが、9枚目となる今回は、三重県
庄野宿のオリジナル地図を準備してくださっていますので、ご来店の皆様に差し上げます♪
著書の販売、サインもありまーす♪

それから今回も、地図配布に即しまして、岡本氏による「庄野宿ミニ講座」があります。
昼の部は、4時半ごろから。夜は懇親会の盛り上がり具合を見つつ、だいたい7時過ぎ
くらいからとなります。
夜の部は、「ちょっと遅れてるから待ってて~」という方はご一報ください。
ぱきらが全力で時間稼ぎをしておきます!!

そのほかの「ちゃらぽこ街道ウォーカー向けお楽しみ企画」もいろいろあります。
お楽しみ企画いろいろは、ひとまず先月の記事をご参照ください。


そして先月もお知らせしました、「街道パンフレット・コレクション」ですが、
東海道、中山道に加えて日光街道と日光御成道、日光例幣使街道のパンフレットが
整理済みです。これから甲州街道に着手する予定ですが、今週末までに整理が
間に合うかどうかが微妙なところ……。
順次整理してまいりますので、しばしのお待ちを~(^^;



3時~の昼の部は、カフェタイムです。
会費などは特にありません。通常のオーダーでお願いいたします。

夜の部では、だいたい6時ごろから懇親会を開催します。
お食事1500円程度+お飲み物代でお願いいたします。
今回も、夜の部特別メニューとして、街道沿いの酒蔵の銘酒をご用意する予定です。

毎回の方も、今回初めての方も、ぜひぜひご来店ください。
身の回りにはなかなかいない、同好の志を見つけるチャンスです。
街道について、アツく語っちゃってくださーい♪♪

例によって、散歩の途中にちょこっとでも、3時から閉店までどっぷりでも、
お一人様でもお仲間連れでも大歓迎です。

また、すでに歩かれた方、旅の途中の方はモチロン、これから歩いてみようかな~
という方のご参加もお待ちしてます♪
街道歩きのポイントや注意事項、今後歩く道の情報など、お役立ち情報がいっぱいです~!

食べて、飲んで、街道歩きについて楽しく語り合いましょう~♪♪

いつもの方にお会いできるのも、新しい街道ウォーカーに出会えるのも、
どっちも楽しみにしてま~す!!!






[PR]

by osanpocafe | 2012-03-14 01:04 | お知らせ・イベント案内

梅・祭り・旧道・古民家・多摩の銘酒♪ 青梅街道散歩会に行ってきました♪   

3月11日は、第12回ちゃらぽこ散歩会。
10月から5回に渡って歩いてきた、青梅街道歩きの一応の最終回で、
青梅線の日向和田駅から沢井駅までを歩きました。

日向和田といえば、吉野梅郷!
3月上旬ごろはちょうど見ごろ……ということで、梅見をして♪
ゴールの沢井には澤乃井の小沢酒造……酒蔵の見学と、お酒の試飲♪

……という計画だったのですが……。

朝9時45分、青梅線で立川から40分ほどの、日向和田駅に集合。

何で中途半端な時間なのかというと、青梅から奥多摩行きの電車が日向和田につくのが
9時38分で、その前後は30分以上前か後かの電車しかないのです。
青梅までは早めに行って、駅そばでも食べて、みんなが乗ってくる38分着の電車を
待とうかな~♪ と思って早めに出たのですが、青梅駅で、次に来る特別快速が、
本日臨時に日向和田に停まることが発覚! そばをかき込んで、飛び乗りました!!

さすが、梅祭り~♪

駅に着いてみてビックリ、
電車を降りて駅を出て行く人がいっぱい!! 駅員さんもいっぱい!!

先月のゴールだったこの駅。下見でも何度か来ましたが、こんなにたくさんの人がいるのは
初めてです。なんたって、普段は乗り降りする人も少ない無人駅。静かな印象しかありません。

さすが、梅祭り~♪

f0230467_2329240.jpg


本日の参加者は、主催者ぱきらも入れてなんと20人。
遠くは静岡&沼津からも、3人の方が始発電車で(?)駆けつけてくださいました♪

日向和田駅から西に30メートルほどで、いきなり青梅街道離脱。
多摩川を渡って、向こう岸の吉野梅郷に行きます。

神代橋の向こう側にはお店や屋台が並んでいます。
焼きそば、甘酒、チョコバナナ、名産品の試食販売とにぎやかですが、
食べ物の屋台と並んで獅子舞などの実演の舞台があるのが他のお祭りとちょっと違います。

f0230467_2353139.jpg


おすそ分けの梅だんご♪ 梅味の甘いジャムを想像して食べたら、本当に酸っぱくてビックリ!!

f0230467_2356122.jpg


で、本題の梅はというと……

ぜんぜん咲いてなーい!!!

事前に聞いて分かっていたことではありますが、今年は梅が遅いんですね。
寒かったからなぁ……(; ;)

都心ではもう終わりのロウバイが、辛うじて咲いている程度です。
まだだね~、ないね~と言いながら、それでも梅の公園の中を一周。

早咲きの紅梅はぼちぼち。東側の斜面は早く咲き始めるという話ですが、本当です。
正門のある北側よりは、咲いている木がたくさんありました。まぁ、ヨシとしよう(--;)

f0230467_0101093.jpg
f0230467_0105929.jpg


さてさて、梅はあんまり咲いていませんが、朝は曇っていた空もだんだん晴れてきて、
ぽかぽかしてきました。公園の周りの屋台で、めいめいにお好み焼きやら焼きそばやら
じゃがバタやらたこ焼きやらを買って、芝生の上でピクニックタイム~(^^)

f0230467_0141751.jpg


これ、実は楽しみにしてたんですが、予報では天気があんまりよくなくて寒いと聞いていた
ので心配してたんですよね~。いざとなったら近くの飲食店で……と思っていたのですが、
ここのところお天気に恵まれている、ちゃらぽこ散歩会。なんとかお外ランチも行けました♪

お昼を回って梅の公園を後にし、来たのとは違う道をぷらぷらしながら多摩川を渡って
駅前の道に戻ってきました。午後1時近く。やっと青梅街道歩きを再開です(^^;

しばらくは、青梅線の線路と並行する国道を歩きます。

f0230467_0235717.jpg


ここから先、沢井までの3駅分の区間、現在の青梅街道はJR青梅線と多摩川の間を
行く一本道ですが、旧街道は脇道に入ったりまた国道に戻ったりします。

脇道の旧道の区間は、車がすれ違えるかどうか~という位の細道。
昔のままの道幅なのでしょうね。旧街道の名残をとどめています。

f0230467_033287.jpg


旧道は、おおむね国道からそれほど離れず、並んで西に進んでいるのですが、
大きく離れる部分もあります。ココ。


小川が多摩川に流れ込んでいるのですが、河口、多摩川との合流点辺りはかなり深い
谷になっています。現在は山肌に大きな橋を作って道を渡していますが、
昔は上流までさかのぼって高低差の少ない場所を渡っていたのでしょうね。

かなりの回り道。後の予定が押しているので、ちょっと先を急いで新道を行こうかと
思ったのですが、この回り道は街道歩き的にちょっとツボなところ。

行ってみよう!! と、国道をそれてみたら、ステキな景色がありました!

f0230467_0544356.jpg


国道の向こうに多摩川。
地図で見るとぐねぐねーんと曲がっている多摩川が、見晴らせます。
f0230467_0563212.jpg


わぁい♪ と楽しんではいますが、次の予定にちょっと遅刻してます~~(--;)
日向和田を出て、石神前、二俣尾、軍畑と3駅分進み、次の沢井でゴール!
というところで、駅の手前、青梅街道沿いに、「旧福島家住宅」という茅葺き屋根の
古い民家があります。

f0230467_125387.jpg


都の文化財に指定されていて、現在は人は住んでいませんが、個人のお宅ということで
普段は非公開。これを、ご縁があって、特別に公開していただき、内部を見せて
いただけることになりました!! 嬉しい嬉しい~♪♪

しかも、福島家ご当主が案内してくださるとのこと。わぁぁい♪♪
前庭で沢井と福島家の歴史について説明していただいてから、住宅の中へ。
畳と炭の匂いのする、江戸時代中期の建築という古い茅葺き屋根のおうち。

f0230467_112353.jpg


で、見学の途中ですが……本日は3月11日、14時46分。
時間には黙祷をしようと言っていたのですが、青梅市の同報無線放送みたいなので
黙祷を促す放送がされたので、それに併せて黙祷。

福島家ご当主は、とっても丁寧に、ご親切に案内をしてくださいました。
お勧めは5月ごろのツツジの時期。茅葺き屋根の、風の通る大広間でのんびりしに、
またぜひ来てくださいと言っていただき、福島家住宅を後にしまして……

さてさて、本日のゴール、沢井酒造はお隣です!!

お楽しみのお酒はひとまず最後のお楽しみに。
まずは、酒蔵を見学させていただきまーす♪

f0230467_1352918.jpg


江戸時代にできた蔵、明治の蔵の内部と、酒造の命の湧き水を見学できます。
お酒のタンクの並ぶ酒蔵の内部は、圧巻。かすかにお酒の香りのする、ひんやりとした
薄暗い蔵の中を、「わぁぁい」「へぇぇ」「すごーい!」といちいち感嘆しつつ見学。

ガラス越しに見る湧き水の前で、「この水があるから、ここでおいしいお酒ができるんです」
という酒蔵の案内の方の誇らしげな様子に、「おいしいお酒をありがとうございます!」
という気持ちになって……

いよいよ、利き酒が楽しめる売店へ!!
f0230467_1405492.jpg


お猪口一杯で、200円から500円。十数種類の銘柄の中から、
いろんなお酒の味を試すことができます♪
一番高い「梵」や、季節のお酒、梅酒もありました。
f0230467_1425377.jpg


で、このお猪口を持ってお替わりに行くと、それぞれ100円引きに。
いやぁ~~。それぞれに好きなお酒を注文し、お猪口でちょこっと飲んで、お替わりに……
蔵見学が(利き酒が飲みたいから~と無理なお願いをして)4時に終了し、利き酒の売店の
終了時刻は4時半……と、短い時間でしたがぱきらは3杯飲んですでに酔っ払いモード~♪

でも、ついにここまで来ましたね~という、打ち上げ気分でほろ酔い気分。

10月に歩き始める前から、「青梅街道を歩いて、沢井に澤乃井を飲みに行きましょう~!」と
言っていましたからねぇ(^^;

酔っ払いつつ、外に出て、みんなで記念撮影。
f0230467_1491958.jpg


↑ レタリング担当・岡本氏による、手書きの終了記念ボード!!

さてさて、これで、半年間に渡る青梅街道歩きは終了。
前回と同じく、電車で拝島まで戻って、打ち上げタイムに突入~~♪♪

……なのですが! まずい、電車の時間が迫ってる!!
本数の少ない青梅線。これを逃したら次は40分後!! ……最後の最後で、急坂全速力
が待っていました……(^^;;


そんなこんなで、青梅街道5回シリーズは今回で終了です。

ちゃらぽこ散歩会には、「プラッと町歩きはしたいけど、ひたすらてってけ遠くまでの街道歩きは
いいや~」という方もいらっしゃるので、ここから先はまた編成を変えて、有志で先を続けたい
と思います。大菩薩峠を越えて、目指すは甲州・山崎追分。

でも、山歩きや宿泊付きのコースになりますので、すぐに予定を立てるのは難しそうです。
遠からず考えたいと思いますが、参加ご希望の方で極力予定を合わせたいと思いますので、
「続きも行くぞ!」という方は早めにご一報くださいね♪

青梅街道5回にご参加くださった皆さま、ありがとうございました!!
次回からもまたいろいろ企画していきますので、よろしくお願いしまーーす!!!


[PR]

by osanpocafe | 2012-03-13 02:01 | 業務日誌

明日は散歩会です!   

明日はいよいよ、第12回ちゃらぽこ散歩会です。
10月から半年間にわたって歩いてきた青梅街道の最終回となります。
参加者の皆さま、よろしくお願いしまーす( ´ ▽ ` )ノ

<以下・散歩会参加者の皆さまへ>

お天気が心配されましたが、一日中本降りとか
そういうことはなさそうなので、決行します。
念のため、雨具をご用意ください。
それと、青梅は最高気温8度、朝の集合時刻ごろは5、6度と、
寒さが予想されます。暖かい格好でご参加ください。

気になっていた梅の花は、早咲きの紅梅が一部咲いている程度の
ようです。あんまり見られなかったらゴメンなさいm(_ _)m
お昼ごはんは出店で買って……と予定していましたが、
それほどお店が出ない可能性がありますその場合は近くの
コンビニでお弁当を買ってピクニック♪と思っているのですが、
明日の様子次第で、ものすごく寒い場合は近隣ののお店に入っての
昼食への計画変更も可能です。
ただ、場所&季節柄、お店だとちょっと割高になってしまいます。
明日、集合後にご相談させてください。

なお、打ち上げは、拝島の前回とは別のお店です。
5時半くらいから飲み放題3時間付きで4000円程度の予定です。
こちらもぜひぜひご参加ください!

それでは明日、よろしくお願いしますm(_ _)m
明日は今日よりちょっとでも梅の花が咲いて、暖かくなりますように!
[PR]

by osanpocafe | 2012-03-10 19:16 | お知らせ・イベント案内

和泉川の跡をたどる~ちゃらぽこ<暗渠>散歩会   

先週このブログでお知らせいたしました、3月20日の和泉川をたどる、<暗渠>散歩会♪
(開催概要は、先日の記事をご参照ください)

おかげさまで、ツイッターを中心に、いい調子で参加表明が集まっております。
ちゃらぽこでお申込いただいた方は、大部分が「暗渠を歩くのは初めて」あるいは
「あんきょってなに??」という方が多く、ツイッターチームはすでに暗渠探索を趣味として
いらっしゃる方や、エキスパートな方が中心のようで。

いろんなアプローチの人がいて楽しそう♪ と同時に、暗渠初めの皆さんには、「暗渠道」の
入門編としていい機会になるのではないかなと、期待しております♪♪

一人でぷらっと歩いていても、なかなか分からないのが、足下にある土地の歴史。
分かってから見れば、よく知っているはずの町の見方も変わりますし、
いつもの町歩きが何倍も楽しくなると思います。新しい楽しみ方を開拓しようかな♪と思われる
方は、この機会にぜひぜひご参加くださーい♪♪

かくいいます、主催者であるはずのちゃらぽこ・ぱきらも暗渠に関しては超初心者なので、
当日はエキスパートな皆さまにくっついて、ぷらり気分で歩く気満々なのですが……

フライングで、当日歩く道筋を、ちょっと見に行って来ました。

和泉川は、1960年代に暗渠化された、神田川の支流です。

出発は、都営地下鉄大江戸線の西新宿五丁目駅付近。いったん北に向かい、神田川から
スタートいたします。ちゃらぽこ散歩会では6月の神田川歩きのときに通った場所。
あの時たしかに、「ここに暗渠の分かれ道があるぞ!!」という話題になったのですよね。
その場所です。

こちらが神田川のそのあたりの風景。そろそろ西新宿のビル群が、目の前に迫るころ。
f0230467_23728.jpg


で、和泉川の暗渠探索は、ここから始まります。
f0230467_2384867.jpg


神田川の岸壁に口を開けた、暗渠。地上部分は……とたどって行きますと……

暗渠の上には、こんな感じに道が続いています。
f0230467_2432690.jpg


暗渠初心者にも分かりやすく続く、暗渠の上の小道。
f0230467_2463849.jpg


身の回りに、こういう場所はありませんか? 東京の町を歩いていたら、どこかしらで
目にしたことがあるのではないかと思います。これ、実は昔、川だった場所の痕跡だったり
するんですね。思いあたる場所があったら、調べてみてください。ご近所には、
「子供のころこの場所でよく水浴びをしたんだよな~」なんていうご老人がいるかもしれません。

ベンチや遊具、自販機などが並ぶ、車は入れない細い道をたどっていくと、ほどなく
方南通りにぶつかります。すぐ横には、西新宿五丁目の駅の入り口。
f0230467_251151.jpg


この駅を利用したことがある! という方は、多いかどうかは分かりませんが、まぁ多少は
いらっしゃると思います。この駅、表示をよく見ると……
f0230467_2522422.jpg


括弧書きで、「清水橋」という表記があるんですね。西新宿五丁目の駅は、
新宿区と渋谷区と中野区の入り組んだ場所にあるのですが、この清水橋という名称、
渋谷区・中野区側のランドマークと言いますか、旧地名といいますか……。

もともとは、和泉川にかかり、現在の山手通りを渡す橋の名前だったそうです。都営大江戸線の
駅名をつける際に、中野区側から要望があって、副称として括弧書きで添えることになったのだとか。
暗渠になってしまった現在では、「橋」が意識されることはまずありませんが、たくさんの人が
生活の中でランドマークとして重用してきたものは、今でもどこかしらに生き残っています。

そうそう、橋といえば、こんなのも……
f0230467_2594574.jpg


これ、明らかに新しいですよね。最近たてられたものです。そのまま橋を流用するならともかく、
歩行者専用道の車止めにするだけなら、別に橋の親柱を再現しなくても良かったはず。
通行止めの看板をひとつ作れば簡単なのに、それでもあえて、親柱を作っているのですね。

橋の跡=土地の人の生活の記憶を残そうとする、こういう趣向、微笑ましくて好きです。

あ、そのまま残っているような、古めかしげな橋もありますよ。
f0230467_371514.jpg


これも、町歩き、街道歩きをしていると、たまに見かけることがあります。
川でもない場所に橋の親柱だけ残ってる! と思ったら、その地面の下を今でも川が
流れているかもしれません。

暗渠の上の道に戻ります。

先ほどは歩行者専用道路の写真を載せましたが、そればかりとは限りません。
車も通る広めの道路もあります。
f0230467_3111517.jpg


反対に、……極端ですが……こんな細道も……
f0230467_3133639.jpg


もう、普通に歩く道ではありません……(^^;
これこそ本当に、知らなければ歩くことのないような道で。そんな場所に足を踏み入れるのも
暗渠探索のお楽しみですが、まぁ散歩会メンバー20人ほどで歩いてもご近所の方から
不審に思われて通報されることのないよう願います……(^^; 一列で歩きましょうね……。

道といえば。

大通りに不自然にぶったり切られながら、その通りを渡った向こう側に自然に続いている
細い道。街道歩きなどのセオリーによれば、これは大通りができる前からある、昔からの
道。街道ならば、旧道。これにトキメく街道ウォーカーも多いと思いますが……

f0230467_327457.jpg


もしかしたら、そのいくつかのうちひとつは、元は道ではなく川だった場所かもしれません。
これまた身の回りを、いつもの散歩コースを見渡してみては?
新しい発見があるかもしれません。

こんな感じで代田橋駅付近へ続く和泉川。近辺は、昔は農村地帯だったそうで、
田畑に水を引く水路として使われていた川なのだそうです。今は住宅やマンションや店が
建て込んでいて、当時の面影はありませんが。この場所を、昔は川が流れていた。周りは田園
だった。そんな風に考えたら、見慣れた都会の風景も、また違う視線で見られるかもしれません。


以上、ひとまず和泉川<暗渠>散策のダイジェストでした。
個人的には、この川に関していえば、何年か前に歩いた甲州街道の1,2本わき道であり、
まったく別の機会に訪れたことのある場所であり……「あれ~、この道通ったことがある~!!
この道は川の跡だったのですか~~♪」というのが面白かったです。

大通りの筋でもないのに、庚申塚やお地蔵様や、その跡。古来、川沿いというのは人が集まる
場所だったのですね。だから、今では幹線として使われているわけでもない小道なのに、
人が足を止めてお参りするような場所が残っているわけですね。この道筋は昔から、
この地域の人々に大切にされていた場所なんだな、という理由を発見することができます。

そんなことを考えながら歩いた、和泉川散策。

散歩会の当日は、さらにエキスパートな皆さまから、暗渠探しのコツや楽しみ方を伺える
ようです。暗渠というものにちょこっとでも興味のある方。いつもの散歩に新しい視点を加えたい
と、漠然とお考えの方。ぜひぜひ、20日は一緒に歩いて、暗渠デビューをしませんか??


[PR]

by osanpocafe | 2012-03-09 03:42 | お知らせ・イベント案内