「ホントに歩く東海道」で、ホントに歩いてきました!   

11月2日は、ついに始まりました、「『ホントに歩く東海道』でホントに歩く東海道ウォーク」の第1回でした!

初回の参加者は10名。
東海道を歩くのは初めてとの方も多く、また、人数・メンバー構成ともに、ドキドキの初回開催にはちょうどいい感じにお集まりいただきました〜m(_ _)m

午前9時、日本橋駅に集まって、まずは本日のルール説明と諸注意事項など。
地図を持っていない方は、ここで購入。

その後、日本橋に移動して、みんなで一通り日本橋見物。
長〜い東海道歩きの第1歩となる回ですから、ここは感慨を込めて、じっくり堪能していただきたいところです。
f0230467_22445015.jpg


コース上には見所の紹介を兼ねてクイズを設定し、集合時に皆さんにお配りしているのですが、日本橋をぐるっと1周見た後でさっそくクイズの第1問。

答えを見つけて、スタッフに「ごにょごにょごにょ…」で、正解した方からそれぞれに出発です!
(ちょっと簡単だったかな……。もっと差が出るかと思ったんですが、考えていたよりも早く全員日本橋を出発しました。)

日本橋で解散した後は、それぞれマップを手に自由行動。
コースはもちろんクイズの場所やチェックポイント、その他、各自ご興味のある場所なども、マップを見て寄りながら、自分のペースで歩いていただきます。

コース上をガイドの岡本さんが行ったり来たりして、皆さんの質問に答えたり、ガイドをしたりしています。

スタッフも持ち場のチェックポイントに散らばるべく解散しましたが、予定時刻までまだ余裕のちゃらぽこ・ぱきらは、第1チェックポイントまで皆さんと歩くことにしました(^^)
と言っても、バラバラなんですけどね(^^;;

一旦バラけた皆さんが、クイズの場所などで再集結するのがけっこう楽しかったです。
歩くのは別々でも、同じイベントに参加して同じ道を歩いている人に時々会えるというのは、楽しいものですね(^^)
いつものちゃらぽこの散歩会とはだいぶ違った形式ですが、そこで会った人どうしで和気あいあいおしゃべりできるのは、いつものちゃらぽこ散歩会の和やかな雰囲気です。

こちらは4番目くらいのクイズポイント。
答えを探してます!
f0230467_22452359.jpg


京橋の第1チェックポイントを過ぎて、銀座の街中へ。
皆さんそれぞれに、お店に入ったりオススメのあんパンを食べ歩きしたりと、東海道上でも他にない都会歩きを楽しまれている様子。
また三々五々に歩いて行かれる皆さんと別れ、ぱきらは一足お先に、新橋のチェックポイントに向かいました。
チェックポイントは、だいたい30分くらいの間に通過していただくように設定しています。
開設時刻まで20分ほど。準備準備……
f0230467_22453046.jpg


はい、ここではようかんの試食があります!
新橋の、東海道から少し入ったところにある、切腹もなかで有名な新正堂さんの「義士ようかん」です。
いろんな和菓子があり、美味しいのはモチロンですがアイデア商品が盛り沢山で楽しいお店。
ここを曲がって行くとお店がありますよ、とご案内。

お買い物に行って下さった方もいたようで、東海道歩きのお土産を調達してもらえたかな。

ちょうど結婚式がとりおこなわれている芝大神宮を集まって見学し、お昼ご飯は大神宮の近くの中華料理屋さんへ。
ここはみんなで一緒にお昼です。

離れている時間が多い今回の企画。
参加者さんどうし、そしてスタッフが、一緒に話せる貴重な時間でもありました。

午後の部スタートは、増上寺から。
f0230467_22453932.jpg


増上寺や泉岳寺など、この辺りは見所の多い地帯。
でも東海道からはちょっと道を外れることもあるので、ここは寄るかどうか自由というのが今回のコンセプトです。

途中で雨が降ってきて雨宿りをしながらのウォークとなりましたが、クイズが設定してあったこともあり、この2箇所にはほとんどの方が行かれた様子です。

街道歩きの楽しみの一つに、やはり長い道のりをひたすら歩いて行きますから、「街道歩きでもしていなければ来ることもなかったような場所に行く」というのがあります。

そういう場所に寄るか寄らないかというのも好みの分かれるところですが、こんな機会でもなければ改めて来ることはないない場所や、またこんな時に寄るからこそ特別な気分で楽しい場所というのもありますよね。
これからもそういう場所がどしどし出てくると思います。
寄るか寄らないかの指針を決めていただいてもいいし、これからどういう視点で街道歩きをするかを考えていただくのも、この企画の一つのコンセプト。
取捨選択をしながらオリジナルな歩き旅ができるよう、地図には線だけでなく面の情報がたくさん載っています。それぞれに見たい範囲で、お見逃しのないように楽しんでいただければと思います。

ですが、「ここはしっかり見てほしい!」という場所もあります。
今回のチェックポイントは、「街道を歩く上で、できたら見逃さずに行っていただきたい」所に設定しました。

ぱきらが待ち構えていた次のチェックポイント、「高輪の大木戸跡」はそのひとつ。
f0230467_23413934.jpg


大木戸は、街道沿い、江戸の出入り口に設けられた木戸です。木戸とはいっても、本当に戸があったのは江戸時代の始めの方で、途中からは戸はなく両側に門のように石垣が築かれていただけだったとか。
その石垣の跡が今でも残っています。江戸時代は各街道に設けられ、甲州街道の新宿には今も地名として「大木戸」の名が残っていますが、石垣がしっかり形が残っているのはこの高輪だけです。

「大木戸」は江戸の出入り口なので、東海道沿いにはここしかありませんが、各宿場の端にそれぞれ「見付」や「棒鼻」と呼ばれる出入り口が設けられていたのは、街道歩きをする上でぜひぜひ注目していただきたいマメ知識。
知っていれば、これからの街道歩きがもっと楽しくなると思うんです。

それとここ、もう一つポイントがあります。昭和7年の東京市設置という説明板が、車道側についているんです。上の写真をよーーく見ていただくと、右下の方に。

車道側はギリギリで路側帯もありませんので、これを見に行くのは命がけです!ってことで、今回は写真をご用意しました(^^;
説明板が設置された当時は、たぶん歩道が今の車道側にあり、車道はもう少し狭かったのでしょうね。大木戸すれすれまで車道を拡張し、現在のような形になったものと思われます。

そういうところも、単に街を歩いて史跡をめぐるだけでなく、「街道を歩く」ということの楽しみではないかと思い、ご紹介しました。

それから次のチェックポイントは、品川宿の入り口、八ツ山橋の手前です。
ここも、日本橋から歩き始めて、初めて国道を離れ旧道に入る重要ポイント。
f0230467_22453293.jpg


風人社「ホントに歩く東海道」は、そのあたりも詳細に記されていて、それだけでも見逃しの心配はないと思いますが、ここでは浮世絵に描かれた江戸時代や明治時代の品川宿の様子もご紹介。
そして、お楽しみの試食タイムも!
品川は、古くは海苔の名産地。ということで、品川宿の老舗「あきおか」さんの「品川巻き」をお試しいただきました。海苔巻あられなのですが、そこらへんで売っているものとは海苔の香りと味が違うんです!

チェックポイントを過ぎると、さあいよいよ第1の宿場、品川宿へ!
f0230467_22453418.jpg


品川の商店街は、昔の宿場の雰囲気を取り戻すべく、電柱を地下化して景観保全に力を入れています。ほとんどは新しいお店ですが、たまに古い建物が残っていたりしてのんびり歩くのも楽しいです。

海沿いギリギリにあった名残で、海岸の石垣も残ってますよ。
f0230467_2245367.jpg


品川宿にも見どころがいっぱい。ということで何か所かクイズポイントが設置されていたので、チェックポイントで何となく一緒になった皆さんも、また一旦バラバラに。あちこち寄り道しながら、めいめいに新馬場駅近くのゴールを目指します。

秋の日暮れは早く、そろそろ暗くなってきた午後4時半、新馬場の「品川宿交流館」にポチポチと集合。
本日のコースはここまでとなります。

最後は交流館の2階を借りて、まとめ会。
クイズの答え合わせでは、「あ~そこは行った!」「見つからなかった!」「答えが分からなかった!」という声が……。限りある時間で、めいっぱい冒険をしていただいた様子です。
f0230467_22453839.jpg


5時過ぎ、品川交流館のスタッフさんに集合写真を撮っていただき、本日のイベント集合。
皆さんに笑顔で帰っていただけて、嬉しかったです。

今回、参加者の皆さんにアンケートにご協力いただきました。おおむね好評で安心すると同時に、また新たな課題も見えてまいりました~。
でも、かなり斬新な(?)イベントだったと思われ、受け入れていただけるのかどうかドキドキしていましたが、この企画のコンセプトを楽しんでいただけたようです。

次回もより楽しいイベントにするべく、スタッフ一同張り切ってまいります。
今回の参加者さんは次回以降続けてのご参加を、今回参加されなかった方もぜひぜひ、期待しております。
みんなで一緒に歩くのでないはから、どこを歩いていても参加者さんに会えるように、もっともっとたくさんの人に参加していただけたらいいな♪
「『ホントに歩く東海道』でホントに歩く東海道ウォーク」、今後もよろしくお願いします~!!
[PR]

by osanpocafe | 2013-11-05 00:39 | 業務日誌

<< ちゃらぽこ散歩会に関するお知らせ ちゃらぽこ散歩会「品川みちを歩... >>