東海道講座・第2期が始まります!   

6月から始まった、岡本永義氏による「東海道講座」。
明日25日から、いよいよ第2期がスタートします。

東海道講座は、「見て歩いて楽しむ平成東海道五十三次」「東海道五十三次四百年の歴史をあるく」の作者・岡本氏による、東海道をもっと楽しく、深く歩くための講座です。

毎回「◯◯宿〜△△宿までの区間」といったたテーマを設けて行われています。東海道の見所、名物、旧道の歩き方、知っておくと楽しい歴史の話が満載。
歩く前に聞けば、実際歩かれたときに「あ〜これこれ!」なんて、ますます楽しくなること請け合い!(^^)
また、既に歩かれた方も、復習に最適です。「歩きたときに疑問に思っていたことのナゾが解けた」といった感想も。

その他、街道ウォーカーだけでなく、歴史や町歩きが好きな方にもオススメできます♪
明日の第2期1回目の講座のテーマは「東海道総論と高輪~品川宿」。
週末にでもすぐに行ける東京都内の話ですので、「街道歩きってどうなの?」という方が、まずは普段のお散歩から始める足掛かりにもしていただけそうですよ!(^^)

明日は19:30から、「散歩かふぇ ちゃらぽこ」にて。
参加費は、ワンドリンク付き1500円です。(追加のご注文も承ります。)
なお、6~9月の第1期は毎週木曜日に行なってまいりましたが、第2期では3回目
以降曜日に変更があります。ご確認をお願いいたします。

詳細は、岡本氏の活動計画をどうぞ。
→ 明日の見どころ
→ 第2期の今後の予定

東海道講座の様子↓
f0230467_2241160.jpg



ところで、岡本氏の東海道の見方のひとつが、「街道を横に見ること」。

「街道沿いの土地土地の歴史」などといった講座は、あちこちで開かれているかと思います。その土地の郷土史の講座などの宣伝もよく見かけます。
岡本氏の講座でも、数々の歴史上の人物や出来事が紹介されますが、特徴は、その土地ピンポイントの話に終わらないこと。

例えば、街道を歩いていて、何度も名前を見かける歴史上の人物っていますよね。

その名前の刻まれた史跡や看板を読んで、「ふぅん」と思って先に進む。
何日か後に、何十キロ・何百キロ先で、同じ人物の名前を見て、「あれ、この人どこか他の場所でも見たような……」な〜んて、そんなうろ覚えニンゲンは、ぱきらだけかな〜(^^;;

岡本氏の講座では、そんな、街道のあちこちに足跡を残している人物が、人物についてだけでなく、他の足跡とともに紹介されます。

ピンポイントの郷土史なら、他の場所のことにまで言及されることは少ないかもしれません。
でも、歴史上の出来事というのは、その舞台になった場所で突然ぽっと起きるわけでなないのですよね。

ある事件がその場所で起きる前、渦中の人物は、そこに向かって移動しているのです。
人が何かしようとするとき、その人は多かれ少なかれ、どこかに移動するのです。

街道というのは、その誰かが、たしかに足跡を残しながら移動した道です。
そんなことを考えながら歩く、そのヒントに、「街道を横に見る」岡本氏の講座は最適です!

秋の夜長、街道の旅と、その周囲の歴史に思いを馳せに、ちゃらぽこへどうぞ(^^)


なお、ちゃらぽこ散歩会では、11月25日(日)に東海道散歩会を予定しています。
こちらは岡本氏をガイドに、「歩く東海道講座」で日本橋から品川まで歩く予定です。
明日25日の講座は、その予習にもなりますので、あわせてヨロシクお願いします!!

散歩会については、後日詳細をご案内いたします。

どちらも、たくさんの方のご参加お待ちしてまーす♪♪

それから、岡本氏は毎週土曜日、品川でも東海道講座を開催中です。
こちらは6月から9月まで、ちゃらぽこで開催された内容です。
聞き逃しちゃった!という方は、ぜひぜひ品川でどうぞ。
また、これからご参加くださる方は、両方参加されると、速習コースになりますよ~!
→ 東海道講座@品川宿

こちらもよろしければどうぞー(^^)


[PR]

by osanpocafe | 2012-10-24 23:12 | お知らせ・イベント案内

<< 10月の平日散歩会は、都電荒川... これからの予定、ひとまず >>