青葉まぶしい上水沿いへ♪ ~玉川上水を歩いてきました!   

5月13日日曜日は、第15回ちゃらぽこ散歩会でした!!
今回から3回(くらいを予定)連続企画で、玉川上水を歩くのです!!

というわけで、1回目の今回は、福生から鷹の台までの、だいたい15キロ♪
(玉川上水スタートの羽村堰から福生までの3キロほどは、先月のお花見散歩の
ときに歩いてしまったのでした~!! なので、今回は福生からのスタートとなります!!)

9時半に福生集合。集まったのは、ぱきらを含め11人と、最近の散歩会としては
ちょこっと少なめ。でも、初参加の方が今回もまた、おひとり~♪
若い女性なんですが、なんと、先日の読売新聞に載ったちゃらぽこ散歩会の記事で
興味を持って、参加してくださったのだそうで。嬉しいです! ぱきらも嬉しいですが、
新聞掲載の効果あっての新メンバーに、みんなもとっても喜んでくれています!!

その11名で、福生を出発。
まずは最寄りの玉川上水へ。
f0230467_25573.jpg


ゆるゆる流れる上水を見たら、一同大盛り上がり。
「緑がきれいだ」「水が多いの少ないの」「ちょっと濁ってる」「富士山が見える」「魚がいる」
……と、橋の上からの眺めに夢中で、のっけから上水にくぎ付け。

ものの10分も、小っこい橋の上からさして大きくもない流れを鑑賞していたと思われますが、
そろそろ10時……の声を聞くと、だれからともなく「いいかげんスタートしない?」な雰囲気に
なり、ここで(例によって特に何もない場所ですが!)スタート記念撮影をして、出発!!

福生を出ると玉川上水は、しばらくの間、流れに沿って歩ける道がなくなってしまいます。

う~ん。だから、仕方ないんだよね……
上水沿いに出るたびに、水面を鑑賞するのに夢中になっちゃうのは……。

ハイ。橋のある通りに出るたびに、わざわざ橋まで行って玉川上水を眺め、水かさや濁り具合や
魚とその他の生き物についてじっくり見物し、感想を述べあう。

まぁいつものちゃらぽこ散歩会ですが、こりゃ、なかなか進みません~(^^;

そんでも流れに沿ってちょこちょこ移動し、八橋みたいな風情の小さな公園で軽く自己紹介
タイムなどを取って、さらにちょっちょこ。
f0230467_257027.jpg


一同、気になる道に出てまいりました。

何が気になるってね、上水沿いに、小道があるんですよ。
でも、小道に入る手前から眺めた感じ、先が続いているのかどうかよく分からない、私道の
疑いもある小道。ぱきらも下見でやって来たとき、どうしようかちょっと迷った末にこの道は
パスしたんです。

でも、今回はなんたって、11人いますから、ちょっと怖いモノが少ない!!
さらに、やや地元民の参加者はやせさん情報によれば、通り抜けられるような気がする……

ってことで!
行ってみよう~~♪
f0230467_2593822.jpg


草むらをかき分けて、ちょっと探検気分。人んちの玄関に直行してしまう不安を抱きつつ、
向こう側に出られたときは歓声が上がりました~(^^;

青梅線の線路を越えて、一同は「みずくらいど公園」に到着。

……みず……くらいど……? クライド……?? 何語???
雲はクラウド……犯罪はクライム……登るのもクライム……泣いた? ボニー&クライド??

という、ちょっとフシギなネーミングの公園。
これ漢字で書くと、「水喰土」。その名の通り、水を喰らってしまう土という意味。

玉川上水は、先日もお知らせしたとおり、江戸に多摩川の水を送るために掘削された
人工の水路なのですが、羽村から四谷大木戸に向けてここまで掘り進んだときに、
ここで水の浸透性のすさまじく良い地層にぶつかって失敗し、進路変更を余儀なくされた
とか、そういうことなのだそうで。

ここに失敗した堀の跡があるということで、下見をしたときはあまり気にとめていなかった
ので気付かなかったのですが、言われてみんなで見たら、一目瞭然。
f0230467_34215.jpg


玉川上水の脇に、いかにも「掘りました」的な不自然な窪みがあるじゃないですかー!!
「探検! 玉川上水の失敗した堀の跡を探そう!」というミニイベントをもくろんでいたのに、
簡単に見つかってしまった……悔しいから、この不自然な傾斜を登ってやる……!!
f0230467_351285.jpg


続く日光橋公園を過ぎたら、最近妙に打ち上げでおなじみの拝島駅に到着。
これより先に進むと、本当に住宅地に入って休憩所がなくなってしまうので、ここで
お昼ごはんにします。時刻も頃よい11時半。お腹すいたー!!

駅を通過して、上水側よりももっと栄えている反対側へ。
いやね~、ここ、2月以来3回くらい、打ち上げに利用しているんですよ、それぞれ違う店で。
青梅線は、拝島よりも先に行くといっきにお店が減ってしまうんで、ゴールが日向和田だった
2月、沢井だった3月、どこが近いかといえば拝島だった4月に続き、4回目の訪拝……
なんですけどね!! 実は今回初めて、真昼間の拝島なのです!!

なんだか夜に来る時と様子が違うね~、ホントはこういう駅だったんだね~♪
と、好き勝手な感想を述べあいながら、駅の向こう側のとんかつ屋さんへ。

かつ煮定食を食べました~。アツアツ&ボリューム満点のかつ煮に、満足満腹。
重~いお腹をかかえて、午後の部に突入でーす♪
f0230467_371348.jpg


拝島から先、玉川上水は、両岸に立派な歩道が整備されています。
これがまた、木の枝や根っこが飛び出すアドベンチャーな歩道なのですが、上水沿いに歩ける
のと、「歩道」になっているのというのは、散歩的に素敵な道なのです。

たまにぷらーンと出てくる、木の枝からぶら下がっている黄緑色の小さい奴を必死にかわし
ながら、てってけ進みます。
f0230467_391574.jpg


上水沿いに歩けない地帯では、上水に出るたびに大騒ぎしていましたが、岸を歩けるように
なればそれほどの珍しさもありません。たま~に立ち止まったりもしますが、基本は
さっさか進みます。

あ、一度、しっかり立ち止まったポイント。
西武線の小さな鉄橋が見える場所です!
散歩中に線路に出会うと、どうしてもそこを通る電車を見たくなるんだよね。
でもって、写真を撮るんだよ。

でも、そうして待っていてすぐに電車が来るとは限りません。
都心ならともかく、このあたり、下手したら30分とか1時間とか、電車来ませんからね。
でもでもところが、そう思って諦めて線路に背を向けた瞬間に、電車が来たりするんだよねー!!

「時間的にそれほど待たないハズ……」という西武線ユーザーまるにのさんの情報により、
しばし待つこと5分程度。

遠くから、しだいに近付くガタゴト音。

やった!! 電車が来た!!

……しかし。11人でカメラを構えて電車の通る瞬間にシャッターを押しまくった結果の、
全員の感想。

「電車が見えてない……」

f0230467_3105490.jpg


若葉萌え新緑の日に映える上水沿いの木々は、電車撮影の敵でもあったのでした……。

まぁいいや。めげずにてってけ行きます。

ゴルフ場を通り過ぎ、残堀川との川の立体交差に盛り上がり、さらにちょっと道幅も
広まって歩きやすくなった木立に囲まれた上水沿いをてってけてってけ。
途中で岸から身を乗り出して流れを眺めたりしながらも、てってけてってけてってけ。

小平監視所へ。
f0230467_3122799.jpg


ここで、玉川上水43キロの中でも珍しい、流れの近くに立ち入れる場所があります。
これは嬉しい~~♪
f0230467_3132569.jpg


で、小平監視所というのは、ただ単に流れを監視しているだけの施設ではありません。
羽村から流れてきた水は、ここでゴミや異物を取り除かれて、東村山の浄水場に送られ
ます。つまり、ここまでの流れが現役の上水路。ここから下流は、現在は上水としては
使われていない、景観を楽しむための流れとなるのですが……

ハイ、ゴミ。

で、それを処分するらしい清掃工場。

で、で、その清掃工場の熱を利用して、上水沿いに、足湯を楽しめる場所があるんです!!
これは寄らなきゃ!!

f0230467_3143465.jpg


残り4,5キロというところで、足湯に浸かって疲れをリセットする一同。
いやぁ、ぜいたくなお散歩となりました~~♪
f0230467_3153270.jpg


これね、ほんとにおススメです。足湯に5分10分浸かっただけで、本当に疲れが取れる
んです。ここからの道のり、すでに10キロくらい歩いてはいますが、足が軽くなりまして……
f0230467_3164585.jpg


午後5時。
予定通り、無事に本日のコースの15キロを歩き切って、西武国分寺線の鷹の台駅に到着!!
f0230467_3175266.jpg


いやぁ~、上水の流れと、岸を埋め尽くす新緑に癒されながら、楽しいお散歩となりました~。
さらに一同は、電車に乗って国分寺に移動し、さてさて打ち上げ開始~。

となったわけですが……

ひとまず、これで玉川上水を歩くの、第1回目は終了。
次回は鷹の台から四谷を目指して歩きます。

コースはただいま考え中ですが、3回目の7月になると暑くなるので、7月の分を少なくすべく
6月の2回目でできるだけ進みたいと思っております。できたら京王線沿いに出たいかなと……。

6月も第2日曜日に開催の予定! 玉川上水歩きは、ますます面白い局面を迎える予定!!
「次回もまた!」の方も、「次回こそはぜひ!」の方も、ご参加お待ちしてまーす♪

そんなこんなで、今回も楽しいお散歩となりました。
参加者の皆さま、どうもありがとうございましたーー!!



[PR]

by osanpocafe | 2012-05-16 03:19 | 業務日誌

<< のびのび荘の、「面影橋ものがた... この時間に、この場所で♪ ~リ... >>