コーヒーのお勉強です♪   

ぱきらは、コーヒーは大好きですが、カフェ業務についてはズブの素人です!!
そりゃもう、胸を張って言えるくらいの、素人です!!

「カフェを作ります!」「喫茶店やります!}というと、
「経験はあるの?」「どこかに勤めていたの?」「前々から準備してたの?」と
聞かれますが、まったくありません。イキオイです。

なので、最近では「喫茶店」とは言わずに、まずは「コミュニティカフェを作ります」
と言うようになりました。「コミュニティカフェって何??」というところから始まりますので、
若干「カフェ色」が薄れます。気持ちの問題です。

そうは言っても、人様にコーヒーを出してお金をいただくわけですから、
コーヒーの勉強をすべく、セミナーに通っていたりします。

知れば知るほど、「奥が深いぞ!」と思う、コーヒーの世界。
「好き」とは言っても、これまでわりに何気なく飲んでまいりましたが、
「な~んかおいしぃ~♪」だけでは済まされない世界が広がっています~!!
(社会科見学の一環として、今度じっくりレポートしたいと思います!)

さてさて。

そのコーヒー学習得作業の一環として、このたび、
一緒に創業するu-kiさんと、創業を手伝ってくれる姫だるまさんとともに、
キーコーヒーの工場に見学に行ってまいりました。
f0230467_2324193.jpg


千葉県船橋市にあるこの工場では、生豆を輸入し、選別、焙煎してお店に送るまでの
一連の作業を行っています。業務用の大きな袋も、スーパーの店頭に並んでいる
ドリップパックも、ここで出来上がってくるんです。

「工場=ベルトコンベアーと機械による流れ作業」と、単純に割り切れません。
ここには、コーヒーのプロがいます。
世界各国から集まってくる豆を選定し、テイスティングし、厳選することはモチロン。
機械で行っているはずの焙煎にも、職人さんがいるんです!!
(この日は職人さんの生の説明を聞くことができました♪)

セミナーは、工場見学と焙煎体験の二部構成になっています。

ということで、工場のラインを見てきた後で、実際に自分たちで生豆を焙煎してみます!!

こちら、コーヒー豆です。
f0230467_233451.jpg


赤い大きいのが普通のお豆。この中に、見慣れたコーヒー豆の元になる「種」が、
向かい合わせに二粒入っています。周りについているのは果肉です。
これを乾燥させてはがすか、あるいは洗い流すかをして、中の豆を取り出します。
(乾燥させてはがすのか、洗い流すのかで、コーヒーの味やグレードも変わってきます。)

周りの果肉は甘酸っぱくて、果物らしいおいしさですが、とっても薄いので果物として食べる
ほどはありません。形はブドウに似ていますが、それほど味に個性はありません。
ただ単に、甘酸っぱいと言う感じです。
これを乾燥させて火にかけたのが、コーヒーになるワケですね~!

焙煎時間は、時間にしたら十数分ですが、これがなかなか大変。
なにしろ、手を離したら焦げ付いてしまいますから、目が離せません。
それでいて、程よい具合に焦げ付かせなくてはいけないんです。

3人1グループで、交代しながら専用の焙煎器具をがさがさ揺すり続けること十数分。
緑色だったコーヒー豆が、黒く色づいてきました。いいにおいです~♪
f0230467_23413745.jpg


いいにおい~♪ といっている間に、コーヒー豆は真っ黒になっていました♪
f0230467_234224100.jpg


インストラクターの先生のご指導のもと、この豆を挽き、ドリップしてコーヒーを入れます♪
でもって、飲みます!!

……ん??

これは……コーヒー……みたいな味はしますが……おいしい……??

隣のグループが焙煎したコーヒーは、もう少しコーヒーの味がするような……

ってな具合に、香りも味も、そこはかとなくコーヒーなんですが、どうも一定しません~!!
だから、家庭用の焙煎用具は東急ハンズやどこかで売られていますが、
「自家焙煎」を名乗る喫茶店では業務用の焙煎機械を使って一定の焙煎をしているのだそうです。
「手煎り」では、味が安定しないから、お店では出せないそうです。くすん。

そういうわけで、ぱきらのお店はすでに焙煎されているお豆を使いますよ~♪
でも、おいしい豆を探しますので(&入れ方を練習しますので)、味見にいらしてくださいな♪♪

ついでに、器具を買って、お試しに「手焙煎コーヒーも作ってみたいな♪」なんて思いましたので、
そのうちやってみるかもしれません~♪♪
[PR]

by osanpocafe | 2010-04-24 23:49

<< ちょっとずつちょっとずつ……♪ ネーミングって… >>