お客さま?来たる!   

散歩かふぇとなる物件は、築40年近く経つ古いアパートの1階です。
前はうなぎ屋さんでした。20年以上経営していたそうです。
その前はお寿司屋さんで、つまり、「和風!」「料理店!」というカンジです。
カウンターとテーブルの土間席と、小上がりがあります。

カフェというテイストではありませんが、ぱきらは茶屋がやりたかった
ので、物件をひと目見るなりカンゲキしてしまいました。

古いながら、カウンターの材木も、床も、とてもいい素材を使っているようです。
がっしりとしたカウンターの足元は、なんとぱきらの大好きな赤レンガ!
入り口の小窓もツボでした。これは、ごく普通の物件を借りて自分で作ろうと
思っても、たぶん思いつきもしないに違いありません。
なんというか、「建物力」のある建物です。
ここで店を開くとしたら……というイメージが浮かぶ建物です。

いや~。実はこの物件を見た後いくつか他の店舗物件を内覧したんですが、
この赤レンガや小窓や床を見た後では、ごくフツーのキレイな物件では
物足りなくて。「のっぺらぼうの、ただのハコ」に見えてしまって。

ただし。

何しろ古いです。
古いだけでなく、ひとつの店舗が長年やってきた、油とニオイと空気が染みついて
います。これがさらに、1年近く空き家になっていたため、廃墟の様相を呈しています。

さぁ~。
これを、どうやって、営業できるくらいにキレイにしようかな~。
味のある古さは残しつつ、そこそこおシャレなカフェにするには~??
と思うと、ちょっと闘志に燃えてしまいます……。


さてさて、ここに、協力者がひとりいます。
姫だるまさんといいます。

3月で辞めた前の職場で、8年近く一緒に働いてきたお友達です。
山手線をぐるっと一周歩いたり、調子に乗って大江戸線までも徹夜で歩いたり、
ヘソで茶を沸かしに行ったり山手線ですごろくをしたりと、ともにフシギ遊びを
してきた「オモシロイコト」仲間です。
下町商店街育ちの、穏健派の猫好きです。鳥が嫌いです。

姫だるまさんは、全面協力を宣言してくれている数少ない同志の一人です。
芸術畑のヒトです。壁を塗ったり造作を手直ししたりするのに
力を貸してくれるようです! ということで、

契約開始早々、お店を見せることにしました。
ぱきらとu-kiさん以外では、初めてこの物件を見に来るヒトなのです!
お客さま第1号ですね~♪

「汚いよ~。古いよ~」
と、ぱきらはまだ契約も決まっていない2ヶ月ほども前からさんざん喧伝してきた
のですが……

「これよ!」

と言ってお店の引き戸を開けたとたん、

姫だるまさん、絶句……!!

現状をかなり如実に訴えてきたつもりでしたが、それでも足りなかったようです。
まさかこれほどまでとは、思っていなかったようです。

「でもね~。いい造作でしょ~。味があるでしょ~。
 この古い物件をキレイに甦らせるのに、闘志が湧くでしょ♪
 キレイになったら、すごくいい物件になるよ♪ ちょっとトキメクでしょ♪
 イチから立て直したとなれば、愛着もヒトシオってモンよ!」

そろそろこの廃墟に見慣れてきたぱきらは、わりと余裕しゃくしゃく。
がしかし、姫だるまさん、無言……。

「…………とりあえず、掃除から始めようか。」
と、体勢を立て直した姫だるまさん。
「うん! でもぱきら、一人で掃除するの怖いから、姫だるまさん、付き合って!
 とりあえず、あさっての月曜日に掃除用具を持ってくるから~♪♪」
「あ、いや、ちょっと月曜日は予定が……」

いやはや道のりは長いぞ。でも、

千里の道も一歩から。

昔のヒトは、良いこと言いました~。

晴れて「カフェ」として甦る過程を目の当たりにしたい方は、
お早めにご連絡くださいね~♪ そんな日は来なかったりしても、責任は負いかねます…
(キレイになってからのほうがいいゾという方は、開店後にお越しください~)
[PR]

by osanpocafe | 2010-04-12 21:13 | 創業準備

<< お掃除をします。 宣伝をしよう♪ >>